読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寝乱れ姿 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

寝乱れ姿 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

寝乱れ姿 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

作家
野口卓
出版社
集英社
発売日
2021-05-20
ISBN
9784087442519
amazonで購入する Kindle版を購入する

寝乱れ姿 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らび

めおと相談屋的には商売順調で相談屋として板についてきた感じです。あの鏡の男って結局何だったのか? 相談屋が本業で将棋会所は生活費の為は分かってますが、ここしばらくあちらが寂しく、もう少し話を振ってほしい物です。

2021/10/10

サケ太

今回も良い雰囲気。ただ、悩み事を解決するだけでなく、いろんな登場人物たちを交えての会話も面白い。題名通りの艶話も含まれている。

2021/05/26

ミド

めおと相談屋になってから艶話が増えてきた。生々しい描写は春画を見せられた気分になる。「女先生冷汗」では波乃が一人で相談を受ける話。でも鏡男が何者でイトとどういうつながりがあったのか謎のまま終わって消化不足。動物の声が聞こえる世界なのだから、怪異もありなんだよね?

2021/09/16

kankan

このシリーズも9作目 信吾の懐の深さがより際立ってきてる気がする。 周りにいる人達の会話が面白いし、深い。

2021/06/07

Dyans

相談話は2編。あとは、シリーズに関わる伏線の様なものか。どうもだいぶ前の大名にまつわる話に関連する信吾の出生に関わる謎の様な気がする。

2021/06/17

感想・レビューをもっと見る