読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

困った死体 (集英社文庫)

困った死体 (集英社文庫)

困った死体 (集英社文庫)

作家
浅暮三文
出版社
集英社
発売日
2018-12-18
ISBN
9784087458275
amazonで購入する Kindle版を購入する

困った死体 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

う〜ん、何となく読了、ちと楽しめず(>_<)被害者さんと発見者さんの設定は面白いのに、表紙の方々のキャラが…。事件のネタは嫌いじゃなかったのに。

2020/04/01

PAO

「死亡していたのは砂漠だ。所持品から身元は割れている。名前は~」「前田五郎でしょ」…なぜか被害者はいつも前田五郎(別人)で不可能死体として登場、第一発見者はいつも森田で、そしてそれを解決する刑事・鑑識・監察医の三人組の連作ミステリ。最初はなんだ???という感じでしたが、いつの間にか「松田五郎&森田&三人組」の世界に馴染んでいる自分がいました。このとぼけた感じの設定と大げさそうで実はかなり地味なトリック…このチープな感じは割と嫌いではありません。このゆるーい感たっぷり世界の続き読みたいので続編お願いします。

2019/04/27

ちょん

さらさらーっと読める感じでしたが、それぞれの事件のシチュエーションがすごく興味深く面白かったです❗停電中に感電死とか真夏に凍死とか(笑)人って色んな死にかたがあるなぁ…

2019/02/21

きょん

断食中の食中毒死、停電中の感電死、真夏の凍死、砂漠で溺死という不可能状況の死亡事件を取り扱った短編集。ちょっと強引な話もあったけど、面白かった。

2019/01/15

やんも

これは困ったミステリ。解説の我孫子さんも、解説に困ってらっしゃたように見受けられる。謎を解く3人は感情移入ができる程キャラがたっていないし、事件の謎も1話と最終話はよいのだが、2、3話はどうにもねぇ。いっそ事件をふたつに絞って、そのぶん3人について過去や性格、行動について書きこんだほうがよかったのではないかと思う。3人が「サーカス」と呼ばれるようになったいきさつなんかも、もっと説明が欲しかったなぁ、と。感想にも困る1冊。

2019/01/10

感想・レビューをもっと見る