読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今ここにいるぼくらは (集英社文庫)

今ここにいるぼくらは (集英社文庫)

今ここにいるぼくらは (集英社文庫)

作家
川端裕人
出版社
集英社
発売日
2009-05-20
ISBN
9784087464351
amazonで購入する

今ここにいるぼくらは (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chimako

主人公は小学生大窪博士。ヒロシが本名だが周りのみんなはハカセと呼ぶ。博士の小1から大人への扉にてをかけた小学校卒業までを7編におさめた連作集。草をかき分け知らない場所に出かけるワクワクとドキドキ。禁忌の山にはいる罪悪感や恐怖。愛する動物や人の死。人と同じではないことの窮屈や解放感。人生の機微を語る言葉の数々と大切なことを見極める澄んだ目と感性。心だけではなく体も変わっていく小学校高学年。あえて時系列を追わずにまとめられた一冊は、懐かしさとともに切なさや人生初の諦感の記憶も運んでくる。各章題も素晴らしい。

2016/10/14

七色一味

読破。年内最後の読破がこの本かな? 初川端裕人さん。裏表紙のあらすじを読んで借りてきたんですが、イメージは「少年時代」かと。私的にはこの曲がこの本にはぴったりシンクロしていて、私自身の「あの夏の日」を思い出させる、不思議な一冊でした。

2011/12/31

小さな冒険、初恋や転校など少年時代を懐かしく思える一冊でした。

2017/02/02

子供と児童書 読み合わせ

「ぼくたちは一人ぼっちだ。それも悪くない」 主人公は自分の信念に基づいて行動できる男子。彼の小1から小6までを描いていますが、3・4年生あたりが最も感情移入できて面白かったですね。クラスで孤立している子の肩を持って一緒にハブられる場面と、大逆転までの流れが特に印象に残りました。やたらとアクの強い大人が大勢出てくるのもこの作品の特徴。 "自分の頭で考え、信じる通りに行動すれば、今いる場所が自分の居場所になる"という感じの言葉が素敵でしたね。 (対象年齢は13歳以上かな?)

2019/08/10

yamakujira

5年生のガキ大将と冒険をした1年生の博士、クラスで浮いていたサンペイ君と仲良くなる5年生の博士、妹と裏山でオニババと出会う4年生の博士、近所の青年と知り合う6年生の夏休みの博士、引っ越した当初に学校をさぼった博士、転校してきた女子と親しむ6年生の2学期の博士、そして小学校卒業を迎える博士、名前が博士と書いて「ひろし」だからベタに「ハカセ」と渾名される少年の成長をえがく物語は、爽やかで心あたたまるけれど、学校外の出会いが大きいから、閉鎖的な学校教育へのアンチテーゼかと勘ぐってしまった。 (★★★☆☆)

2019/11/22

感想・レビューをもっと見る