読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

欲しい (集英社文庫)

欲しい (集英社文庫)

欲しい (集英社文庫)

作家
永井するみ
出版社
集英社
発売日
2009-10-20
ISBN
9784087464870
amazonで購入する Kindle版を購入する

欲しい (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

上手いなぁ。想像してたのとは少し違ってたけれども。ミステリーであり、由紀子のお仕事・恋愛小説でもあり。彼女にとって、テルの存在が救い。女性にはみんな、テルみたいな男子が必要なのよ。私自身は、実は「ありさ」に近いと思ったな(笑)

2017/12/09

相田うえお

★★★☆☆18073 集英社文庫ナツイチ選定作品(夏休みに中高生にも文庫本を読んでもらいたいという読書習慣普及キャンペーン、らしい)。というわけで夏が終わる前に読まなきゃー!初読み作家さんでもあるし楽しみ〜とスタート!えーと、内容は中高生にはちょっと重めかな?不倫に出張ホストにDV,離婚,ストーカー,嫉妬、ついには殺人まで。感情巻き込まれ度が高い作品なので、ティーンであれば情報の取捨選択,分別の出来る人向けですね。後半に入って予想もしなかった展開にビックリ!微かに未解決を残しつつ了。これは傑作です!

2018/08/28

じいじ@リハビリ & 懸命に減量中。

三作目の永井するみ小説。この心理サスペンスは滅茶苦茶にいいです、面白いです。主人公・女性二人のキャラづくりが巧いです。同時にこの二人に絡む三人の男たちが、読み手の女性が望む理想の男性像として描かれているように思えます…。とりわけ、今作では表題にもなっている人間の「欲」について追求されているが、著者の物語へグイグイと引き込む筆力は凄まじい。残念なことに新作が読めない作家さんだけに、残された作品を大事に読んでいきたい。永井するみを未読の諸氏へは、お薦めの一冊です。

2019/06/20

takaichiro

永井さんの巧妙さが生きるミステリー。一時マスコミでも取り上げられた生活保護の不正受給を隠し味に、登場人物の様々な”欲しい”ものへのアプローチを絡め、上等なエンタメに仕上げている。”欲しい”と懇願するものが相手から与えられなかったり、与えられても相手は純粋な気持ちではなかったり、様々な欲望がねじれの関係で交差する。自分以外全て他人である以上、人間社会は悲しいかなこの状態とならざるを得ず、外交摩擦や戦争の原因にもなる。アンジャッシュのコントを一度に何本も見せられている様な多面的な面白さ。オススメ!

2019/07/20

JKD

凄腕派遣ホストに入れあげる派遣会社の女社長の彼氏がネカマに洗脳された既婚の重役さん。ネカマにストーカーに不倫とまぁ、美味しいネタが満載。自覚のない悪意とこれらが巧みに絡まり最後は意外な結末に・・気持ちよく自由に生きたい?世の中そんなに甘くないよな~。

2017/09/30

感想・レビューをもっと見る