読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アウトサイダー (集英社文庫)

アウトサイダー (集英社文庫)

アウトサイダー (集英社文庫)

作家
コリン・ウィルソン
中村保男
出版社
集英社
発売日
1988-02-19
ISBN
9784087601404
amazonで購入する

アウトサイダー (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白義

この世に疎外感を感じる全てのものたちにとっての序論、魂の書。カミュやウェルズから始まりドストエフスキーにニーチェまで、多彩な人物たちの生の極みをきちんと扱いながら、自身のアウトサイダー論という独特の体系に昇華しているのが素晴らしい。この世に現実感を感じないアウトサイダーたちの、非現実からの脱出への試みを並べながら、最終的に神秘主義思想がその試みだと示唆するところで終わっているが、そうした結論よりアウトサイダーという人間の元型を抽出し提示したことが何より偉大。25歳の書とはとても思えぬ力作である

2012/07/25

サト

「アウトサイダー」とは何たるかをカミュ、ヘッセ、ドストエフスキー等の共通点から定義して説明する。それだけで全体の半分が割かれて、次に、ではどうすればいいのかが分析される。著名な文学作品から裏付けれる閉塞感には、希望がなく不幸で狂気で人間はただの蚤で虫けらにすぎないというのだから頭が痛い。最後には宗教の話になっていく。結論自体は、ほんの数行で済んでしまう。引用先が英文学や仏文学ばかりで興味のある作品が多かったのは楽しめた

2011/06/02

ゆり

この本を読み終わるのに一年かかった。私のために書かれたと感じてから、正直読んでいて苦しくなる部分もあったが次々と繰り出されるアウトサイダー論にどこが自分を支えてくれるような、自分の考えは間違ってなかったと感じさせてくれる力強さがあった。自分がもやもやと感じていたものを、見事に言語化し客観的に眺める機会を与えてくれた。25歳でこれを書いた、作者はすごい。この本に出会えてよかった。

2018/04/12

ナリ

数十年ぶりの再読です。当時は脱け出すのが困難なほど影響を受けました。改めて読み返すと、未だにその残り香が染み付いている事を実感しました。「考える」って事を考え直せる、とても強いエネルギーを持った本だと思います。

2016/06/16

小野靖貴

現代の孤独者-才もなければ、使命もなく、伝えるべき感情もない。しかし償いと真理を欲する-アウトサイダー。世に疑いを抱かず楽しく生きる人々をインサイダーとすれば、さしずめ世を疑い厭う人々を指すだろうか。サルトル、ヘミングウェイ、ドストエフスキーら孤独な先達を分析、体系化している。この濃密な内容を25才で書ききるのは驚き。読みごたえ充分、得るものが多い。

2014/06/12

感想・レビューをもっと見る