読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日に流れて橋に行く 5 (愛蔵版コミックス)

日に流れて橋に行く 5 (愛蔵版コミックス)

日に流れて橋に行く 5 (愛蔵版コミックス)

作家
日高ショーコ
出版社
集英社
発売日
2021-03-25
ISBN
9784087920703
amazonで購入する Kindle版を購入する

日に流れて橋に行く 5 (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しましまこ

三つ星改装、写真入りカタログも完成が楽しみ。わくわくするよ。

2021/03/28

まふぃん

お店の改装を軸にそれぞれ頑張ってます。でも、結果が出てないので、読んでいてもの足りない。次巻はすっきり読みたい。

2021/09/19

ミナ

新しいものを取り入れ、生み出していく人たちの閃きがすごい。世の中、便利になって楽しみも増えていい時代だな。

2021/05/07

ルシュエス

虎三郎の商戦、手代たちの育成、時子のセンス…色々ワクワク出来る中、日越の悪企みに動きがありそうでヒヤっとしますね。 鳩成は色々と日陰に身っぽいですね…

2021/03/26

さとみん

それぞれの朝で三つ星を取り巻く状況を見せる第二十候。再興のために虎三郎が打つ手にはしびれるが、彼が背負っているものの重さにはかける言葉がない。鷹頭の思惑もまだ分からないし日越の動きも不穏だが、反対に黒木屋は裏しかなくてむしろ楽しい。そして寅次は不本意な養子縁組でいい出会いに恵まれたんだなあと和んだ。三つ星の歴史が改革を妨げていたけれど、助けになることもある。商いは楽しいことばかりではないが、それでも未来を作るのは楽しいだろうし、それは端から見ていてもワクワクする。

2021/03/27

感想・レビューをもっと見る