読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ときめきトゥナイト (8) (りぼんマスコットコミックス)

ときめきトゥナイト (8) (りぼんマスコットコミックス)

ときめきトゥナイト (8) (りぼんマスコットコミックス)

作家
池野恋
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088533254
amazonで購入する Kindle版を購入する

ときめきトゥナイト (8) (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆき

新章スタート。この巻から明らかに真壁君と蘭世の距離が縮まったような気がするし、真壁君の表情がよく変わる気がする。蘭世のピンチには、すぐ駆けつけてくれるし。カルロ様登場で今後が益々楽しみ。

2015/05/05

tomo

新刊記念で再読祭り中。俊が江藤家で同居♡の始まり。やっぱりニヤニヤ止まりません(笑)もう、この頃からのランゼと俊の距離がものすごい縮んだ気がします。きゅんきゅんするし(笑)ランゼが危ない目にあうと、一番最初に駆けつけてくれんだもんな\(//∇//)\カルロ登場。やっぱりカルロもかっこいいな。2千年前の出来事が繰り返されようとしてますね。キス寸前のシーンはたまらない(笑)あのあと、面と向かって夕飯食べてたらビックリするな。そこまで描いてほしかった(^^;;

2013/08/11

alias1819

再読。この頃からストーリーが急激にシリアスになっていきますよね。ほとんどが魔界での展開なので。久しぶりに読み返してみましたが、この頃の真壁くんは序盤の頃に比べてかなり大胆♥ まぁ、カルロという新しいライバル出現もその理由のひとつかもしれないけど…。

2010/12/26

uchi

それからどうなったかというと、魔界編はまだ続くのです

2021/02/21

まる

蘭世モテモテ〜。 魔界人になってからの真壁くん、いいよ! 心も読めるし、蘭世との距離も近い。カルロ登場。カルロも魔界人なの?

2015/08/20

感想・レビューをもっと見る