読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

姫ちゃんのリボン (10) (りぼんマスコットコミックス)

姫ちゃんのリボン (10) (りぼんマスコットコミックス)

姫ちゃんのリボン (10) (りぼんマスコットコミックス)

作家
水沢めぐみ
出版社
集英社
発売日
1994-12-01
ISBN
9784088537702
amazonで購入する

姫ちゃんのリボン (10) (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅわ

年末年始に懐かしの作品を再読キャンペーンもいよいよ最終巻です。エリカの修行が終わり、エリカ、そして魔法のリボンとのお別れが…ポコ太との出会い、名付け、一緒に過ごした日々を思いだし、姫ちゃんはひとつの決心をします。番外編はポコ太との喧嘩のエピソード、大地とのデート、そして…6巻のタイムトラベルに続くお話の3本です。タイムトラベルはいろいろな事情のリンクがうまいなぁ~と感心。

2016/01/03

mimm

思わず一気読み。ラストも可愛くて番外編も可愛くて、好きです。本棚に大事に取っておきたいシリーズです。

2012/10/28

銀雪

3つ目の番外編が好き。これで本当に終わりってカンジがした。

2009/05/24

マアサ

姫ちゃんのリボンってこんな感動するラストやったっけ?りぼんに連載してる時はそんなに好きな漫画じゃなかったと思うけど(リアルタイムにりぼん読んでた時はママレボとか天ないが好きなタイプ)大人になって読んだらもうめっちゃ姫ちゃんのリボン、キュンキュンしたわー!最後のこの巻とか電車で読んでてうっかり涙ぐんでしまうくらいやったわ!いいよー、姫ちゃんのリボン!

2015/11/08

ヨネスケ

やっぱり大地はかっこよすぎると思うんだ。 小学生だった私の初恋だといっても仕方ないと思う。大人になってから見てもかっこよすぎ。

2014/05/27

感想・レビューをもっと見る