読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

桜姫華伝 4 (りぼんマスコットコミックス)

桜姫華伝 4 (りぼんマスコットコミックス)

桜姫華伝 4 (りぼんマスコットコミックス)

作家
種村有菜
出版社
集英社
発売日
2010-04-15
ISBN
9784088670478
amazonで購入する Kindle版を購入する

桜姫華伝 4 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

梓川紗智

再読。過去の話切ない…。

2016/02/25

サラ

瑠璃条がまさかあんなキャラだったとは…!いい子ちゃんで皆に愛される桜よりよっぽど好感が持てますね。色っぽいところも素敵。反面、舞々のキャラはもうちょっとひねれなかったのか?作者もネタにしてますが、完全にまおらとカブってる…。どうせなら男装の麗人を書いてもらったほうがいいなぁ。女装の男はやはり感情移入しづらい。美しくなる=女性になるってわけじゃないのに、舞々はどういう心境で女装を始めたのか?その辺りが伝わってこなかった。

2010/04/25

「迎えに行ってやらないとな」の青葉の顔がvv 次は藤紫さんもっと出て欲しいなぁ(爆

2010/04/18

奏都@感想補填中

舞々…普通に女の子かと思っていたのでびっくり。まおらキター(笑) ファンタジーだし平安だし、種村先生だし(?)、結構好きな要素が集まってる作品で、話もキャラが一杯増えて徐々に面白いトコにいっているはずなのに…ジャンヌやKYOKOよりワクワク感の少ない、この煮え切らない感じはなんなんだろ…。でも、とりあえず白夜の安否は気になります…! 朝霧雪伝は良かったと思う。 キャラカードがつくと、読むときに嵩張って不便なので、それよか折り込み美麗ポスターが良いなぁと思うの私だけですか←

2010/04/18

mayukipi

コミック整理中の娘から借りて。槐の仲間4人はそれぞれ事情がある人ばかりのようで。朱里は琥珀の、右京は朝霧に関係があるらしい。そして瑠璃条は桜姫に似せて作られた石。なんか悲しいぞ。話の終わりに喜びはあるのか?

2018/05/13

感想・レビューをもっと見る