読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく (りぼんマスコットコミックス)

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく (りぼんマスコットコミックス)

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく (りぼんマスコットコミックス)

作家
柚木ウタノ
汐見夏衛
出版社
集英社
発売日
2018-02-23
ISBN
9784088674926
amazonで購入する Kindle版を購入する

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

FAKE

漫画で読んでても綺麗な話だなぁと思う。キラキラした世界がちゃんと表現できていて良かった!あの一冊にまとめようと思うと大幅なカットをするのだろうとは思ってはいたけど予想以上。だから原作とは話が違うところがあったかな?私的には原作を推し推しなので、漫画を読んでいいなと感じたなら原作にも手を出してほしいな

2018/03/16

りお@積読本増加中

大賞をとっただけあって面白かった。ほかにも読んでみたい。

2018/07/19

のばら

タイトルになってる夜明けと、ヒーローの青磁の部活の後輩である「だから私は、明日のきみを描く」の2タイトルが収録された単行本。 夜明けは、原作にあったマスク依存症設定や盗難事件が消えているけれど、茜の母親の毒親っぷりや、陰鬱とした雰囲気がだいぶ軽減されていたので読みやすかった。 青磁も原作より少しだけマイルドだったけど、私はやっぱり苦手かな。好きな女の子に「大嫌い」とは言うけど、裏側の「大好き」が伝わって来ないというか。 だから〜は、親友と好きな人が被ってしまった王道な三角関係。少女漫画初心者におすすめ。

2019/12/18

感想・レビューをもっと見る