読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒子のバスケ 15 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 15 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 15 (ジャンプコミックス)

作家
藤巻忠俊
出版社
集英社
発売日
2011-12-02
ISBN
9784088703176
amazonで購入する Kindle版を購入する

黒子のバスケ 15 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エンブレムT

青峰くんが『ゾーン』へ突入するシーンにシビレました!火神くんが『キセキの世代』のいる扉をこじ開けた時もゾクゾクしましたが、この演出すごく好きです♪ま、そのせいで私の脳内『黒子のバスケ』界は、手動で開閉する小部屋だらけになってしまった気がしますが(笑)次は誰がどの扉を開けるんだろう?ってのも楽しみですw試合内容は、私の知ってるバスケじゃなくなってきてる気がします。このまま超次元バスケマンガと化していくのかな?アニメ化が決まってこーなったのか、こーなったからアニメ化されたのか、その辺はちょっと気になります。

2013/01/26

だんぼ

何だろう…。他のキャラクター達はどんどんかっこよくなっていくのに、今吉先輩だけは腹黒いところしか見えて来ない(笑)

2012/07/25

蝶よ花You

電気?静電気?火花?走ってますがな、お兄さんら。な、終わり方(笑)。いやぁ、人間じゃない、人間じゃないとは思っていましたが、人間じゃなかった(笑)。この演出さすが少年マンガ!良いですねぇ。少女マンガでは見られないこの演出。普段見る機会がないだけにワクワクさせられます。それにしても、黒子達のじり貧に対して、青峰達のじり豊な力の出し具合。そんなに出しちゃって、まだ上がいるとか考えたくない(´д`|||)あくまでも私の視点は黒子達なんだよぉ(泣)

2014/07/20

PSV

諦めた相手とやる勝負ほど つまんねーもんはねーよ  ★★★☆☆  スーパーサイヤ人みたいなもんか。

2012/11/09

baboocon1982

「いつからだろう…週刊少年ジャンプ発売日の朝 あくびをしながら家を出るようになったのは いつからだろう…スポーツ漫画を読んでも何も感じなくなったのは スラムダンクに勝てるのはスラムダンクだけだ ただオレは 全てを忘れて没頭させてくれる作品が欲しかった ずっと望んでいた 勝つか負けるかわからないギリギリのクロスゲーム 感謝するぜ 藤巻…」

2012/07/18

感想・レビューをもっと見る