読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明稜帝梧桐勢十郎 (6) (ジャンプ・コミックス)

明稜帝梧桐勢十郎 (6) (ジャンプ・コミックス)

明稜帝梧桐勢十郎 (6) (ジャンプ・コミックス)

作家
かずはじめ
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088726991
amazonで購入する

明稜帝梧桐勢十郎 (6) (ジャンプ・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

読み人知らず

セージのツンデレがいいな^^あまりにも仲間思いなのがジャンプ的^^

2010/11/20

ハマ

漫画再読記録編1700 生徒会に新しいメンバーが!! 時々ほっこりする話が良い!!

2016/05/22

佳蘋(よし)

再読

ジョニサン

段々と喧嘩だ騒動だのって話が減ってきたように感じる。暴力シーンもあんまり好きじゃないもんで。留学生の事や半屋の家庭の事情、対立している科 をおさめたり以前は「自らの拳」で制裁してきたけど、このあたりから天邪鬼な言動で結果的に丸く収めるって手法が目立つ。おちょくったり、ウソを並べてみたり、反則行為が減ったよねwwwこの巻で遂に「会計職」が登場。キャラが際立ちすぎなwww ところで、四天王のラストはまだですか?そいや、俺の読むマンガ「生徒会」モノも多いなww

2012/06/04

たっくん(漫画用)

四天王達がメインの話がどれもいい。

2012/04/16

感想・レビューをもっと見る