読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀魂-ぎんたま- 9 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 9 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 9 (ジャンプコミックス)

作家
空知英秋
出版社
集英社
発売日
2005-10-04
ISBN
9784088738642
amazonで購入する Kindle版を購入する

銀魂-ぎんたま- 9 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

にに

この巻を見て初めに思ったこと→「あれ、銀さんついにカレンダーめくるみたいに読むようになったんだ。そうか。うん」って今思えば納得しちゃってたよ。忍者vs万事屋でエリザベス救出編は無事に完結。食べ物の恨みは怖いよね。ちっちゃい定春可愛い。銀さんと土方の話面白いなあ。土方スペシャルと宇治銀時丼は何?メニューに載ってんの?もうあれ凶器だろ。似てる二人は喧嘩するってサブタイトル、その通りだな。

2015/05/02

すい

忍法分身の術には笑った。丸わかりな本体に飛び蹴りする新八に大笑い。定春の秘密が明らかに。ただの大きな犬じゃなかったのね。最後の「ありがとう」にはニヤけちゃった。

2015/09/22

kanon

改めて考えると凄いよね、ジャンプでキャバクラって(笑)まあただのドンペリ祭りだったけれども。あとなんとなく、なんとなくだけど、昔読んでて銀さんと百音が笛の両端から咥えちゃうことになっちゃう場面がエロいな~って印象があるのは内緒。でも、一番面白かったのは「似てる二人は喧嘩する」である。もうこのタイトルから予測つくと思うんだ、正直何が起こるか(笑)でもなんだかんだで一緒の思考しちゃって同じことして、それでもいがみあってる感じが堪らないw仲良いだろお前らぜったい!最後の話は秀逸。短くまとまる才能が凄いと思う。

2013/04/06

ガーガー

定春、犬にしてはとてつもなくデカいなと思ってたけど、まさか狛犬だったとは。凶暴化した定春を救うために万事屋三人と巫女姉妹が奮闘するシーンには感動。

2017/01/28

扉のこちら側

初読。定春の正体。缶けりの話もよかった。

2013/09/15

感想・レビューをもっと見る