読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀魂-ぎんたま- 27 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 27 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 27 (ジャンプコミックス)

作家
空知英秋
出版社
集英社
発売日
2009-02-04
ISBN
9784088746296
amazonで購入する Kindle版を購入する

銀魂-ぎんたま- 27 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すい

将軍と土方、どちらの方が不幸だろう。九兵衛のお誕生会、最後まで小栗君がいるのが笑える。たまに目が冴えて眠れない時があるので、最後の神楽ちゃんの気持ちはよくわかるな。辛いよね、何をしても寝られない夜は。

2015/11/09

扉のこちら側

初読。最後の犬の話で泣きそうになってたのに。

2013/09/23

ガーガー

前巻、あんなにシリアスだったのに終わったとたんいつものギャグに戻れる瞬発力がすごい。神楽ちゃんの寝れない話は眠れない時に思い出すと悪夢になりそう…。

2017/02/08

kanon

将軍かよォォォォォォ!!ついに表紙、しょ…将軍かよォォォォォォ!!ネタ完全に尽きてるだろこれ、将軍だものォォォォォォ!!感想のネタも尽きてると思われるだろこれ、将軍だものォォォォォォ!!…はいやめます。でも銀魂としてはネタは尽きていなかったようで。吉原炎上篇長かったからその時にネタがたまったんだろうなあと思った。この巻は全体的に秀逸な話が多かった気がする。個人的にかもしれないけれど(笑)この巻読み始めてすぐの、「いや…あのブンブンじゃなくてフンフンが」の場面でいきなりドツボに入ってしまって大変だった(笑)

2014/01/12

こも 零細企業営業

将軍の髷を・・・・打ち首じゃね?

2019/08/25

感想・レビューをもっと見る