読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黄泉からの声―妖怪ハンター (ヤングジャンプ・コミックス)

黄泉からの声―妖怪ハンター (ヤングジャンプ・コミックス)

黄泉からの声―妖怪ハンター (ヤングジャンプ・コミックス)

作家
諸星大二郎
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088750408
amazonで購入する

黄泉からの声―妖怪ハンター (ヤングジャンプ・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

稗田礼二郎をジュリーこと沢田研二が演じて映画化されたことを受け、作中の女子大生から沢田研二、ジュリーに似てるって言われませんかと聞かれる楽屋オチが二カ所。

2013/09/30

月光密造者

古事記に一文しか出てこない菊理姫と、皿屋敷伝説を大胆に結び付けて異界の扉を開く。教養と想像力。安易なファンタジーの世界観に流れない展開に 他にない強さを感じる。

2010/08/01

T.Y.

引き続き再読。海辺の町・粟木を舞台に活躍する大島君・渚のカップルが初登場の「うつぼ舟」、願いを叶える遺跡を巡る「蟻地獄」、そして皿屋敷を題材にした表題作の3編。表題作の後編は珍しく東京が舞台になり、高校生になった天木美加も出演。年齢が明言されないことが多かったが、そうか…これ以降、美加は最新作までそれほど変わってないような。ともあれ、皿屋敷のお菊を古事記の菊理媛と結びつける大胆な解釈が魅力的。大島君・渚に関しては、いつも話が海に関わるだけにオチは似たような傾向になりがちなんだろうか。

2014/12/26

hibimoriSitaro

再読。1994年7月初版の99年11月7刷。二代目ハンター渚潮が初登場。蟻地獄で勝負したい気持ちはある。稗田先生をいじりたおす美加がかわいうてならぬ。

2020/07/04

ん?

久しぶりの再読。後の短編展開に続くベースの部分。うつぼ舟も皿屋敷も不気味で面白いと思う。しかし題材にするのも恐ろしいネタを持ってくるところがすごい。

2015/04/02

感想・レビューをもっと見る