読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ZETMAN 7 (ヤングジャンプコミックス)

ZETMAN 7 (ヤングジャンプコミックス)

ZETMAN 7 (ヤングジャンプコミックス)

作家
桂正和
出版社
集英社
発売日
2006-07-19
ISBN
9784088771144
amazonで購入する Kindle版を購入する

ZETMAN 7 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

645

束の間の平穏だったが、小葉との場面に安堵した。2年前の回想に入り、おばさんの生存を確認した時と機械に生かされるじいちゃんを死なせてあげた時のジンの涙に心打たれる。しかし、同時にジンは自身の過去や背景を知り“ZET”としての自分を受け入れる決断をしてしまった。それはおばさんを生かす事になってもジンを“人間”としてというじいちゃんの思いには反する事ではないか?複雑な心境にならざるを得ない。事の発端である光鎧がプレイヤーの件に関して妙な正義感で行動している分、この話の“悪”の定義というのは朧げで曖昧な印象。

2013/08/02

夏野

レンタル。ZETになるってどういうことなんだろう。ジンは相変わらず飄々としてるけど、2年前のことは修羅場だったような。変わり果てたじいちゃん。最期の言葉に涙があふれた。

2012/10/03

いおむ

既読済みです。

2019/12/06

jojoemon

ジンの過去編。ジンの生い立ちや過去の謎の部分を丁寧に描写。おばさん生きてて良かったです。

2010/07/31

よし

とりあえずおばさん生きてて安心

2011/11/29

感想・レビューをもっと見る