読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

デストロイアンドレボリューション 4 (ヤングジャンプコミックス)

デストロイアンドレボリューション 4 (ヤングジャンプコミックス)

デストロイアンドレボリューション 4 (ヤングジャンプコミックス)

作家
森恒二
出版社
集英社
発売日
2013-05-29
ISBN
9784088795485
amazonで購入する Kindle版を購入する

デストロイアンドレボリューション 4 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

心臓は左胸にあるという。超能力は実体化、teleportation、壁抜けと更に進化を遂げる。超能力描写にちょっと『ベルセルク』入ってないかい?作者同士仲良しと聞くが。

2013/09/17

十六夜(いざよい)

最初は目的あってのテロだったはずが、もはや大槻はただの破壊者になってしまった。最初はサブキャラ感全開だったのに、ワンネスだけじゃなく、実体移動に体の同一化?どんどんえげつない進化を遂げる。結局テロではなく仲間内のドロドロしたバトルがメインなんだろうか。終幕の予測がつかない。

2020/05/31

読み人知らず

能力が拡大していく。いろんなことが出来るようになってそうそう簡単に止められない。

2015/08/13

sidebell(=^□-□^)ノシ←横鈴

能力者の更なる覚醒というかブレイクが起きることに 作者の必死の発想が感じられます。意外なストーリーの展開を期待します

2013/07/28

はちぶんぶん

TSUTAYAレンタル。 エスパー漫画。 3巻よりもワンネスの力が更に強くなった。大槻がほぼ人間でなくなる。

2017/08/03

感想・レビューをもっと見る