読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ラフダイヤモンド まんが学校にようこそ 3 (ジャンプコミックス)

ラフダイヤモンド まんが学校にようこそ 3 (ジャンプコミックス)

ラフダイヤモンド まんが学校にようこそ 3 (ジャンプコミックス)

作家
緒方てい
出版社
集英社
発売日
2015-10-03
ISBN
9784088803227
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ラフダイヤモンド まんが学校にようこそ 3 (ジャンプコミックス)」の関連記事

「酷評されても凹むな!」 プロの漫画家が語った原稿を持ち込む際の心構えに大反響!

『ラフダイヤモンド まんが学校にようこそ』 3巻(緒方てい/集英社)

 現役漫画家・緒方ていが、漫画原稿の持ち込みで酷評されても凹む必要はないとTwitter上で語り「全くもって同意見です!」「編集者によっても言うこと違いますもんね」と話題になっている。

 緒方は自身のTwitterで、「よくいるのが持ち込みに行って酷評されて凹んで帰ってくる人。編集者は絶対神ではない。ダメだと言った新人が大成したりその逆もある。私も某社で酷評された原稿をダメ元で当時のスーパージャンプに持ち込んだらその原稿が受賞&デビューを果たした。そんなもんすよ」とツイートし、いかに編集者によって意見が変わるかを主張した。

 この緒方の発言に対して「やっぱり何社も持ち込んでカラーに合うところに使ってもらえるのがいい」「同じ原稿でも『〇ページいいですね!』『〇ページだめです』と両極端なこと言われたことある」など、漫画を書く人たちから多くの反響が寄せられ、「一人の編集者に酷評されたからといって凹む必要はありません。その編集者の目は節穴かもしれませんし、たまたま相性が悪いタイプだったのかも…

2016/11/12

全文を読む

関連記事をもっと見る

ラフダイヤモンド まんが学校にようこそ 3 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

カウボーイ先生がヒーローだったのか…!妹との関係、不吉なオーラ、あきらが幽霊として留まり続けた理由…

2015/12/19

紫雲寺 篝

色々消化不良ながらの最終巻。何かを創造しようとする熱意や、人を救いたいという思い、みたいな純粋さが伝わってきた。伏線らしきものはあまり活躍せず、こういう打ち切り漫画特有のお色気にシフトしていく感じが見ていてわかって残念だったかな。良くも悪くも、主人公一人に対して、色々な生徒の別視点としてストーリーを進行させる流れもあったので、その点では独特だった気がする。あとは漫画を描く上での技法や、描き方を提供しているだけで物語作りはまた別なのかな、と思った。個人的には、この作者の絵柄自体は微妙だった。

2016/10/04

ひみーり

見ていられない・・いつのタイミングで打ち切りが決まったんだろう。私としてはある事情があり、この漫画を読むたびに、騒めきを感じるのですが、その理由はここでは明かせられません。

2015/12/09

銀城

終わってしまった-。もっと続いてくれると思ってたんですが・・・。後半はテクニック的なことよりも漫画を描くための心構え的な話に寄っていった感じでしたね。ただ、これから漫画を描く人に向けた漫画という意味では、そういった内容の方が後々大切になってくるのかも、と思いました。

2015/10/18

とんび

あ、終わり? って感じで終わってしまいました。もっと漫画の描き方のコツ的なページを期待してたんですが、特に3巻は各キャラのドラマをパタパタっと進めてまとめた感じで、残念ながら色々余裕(もらえ)なかったんでしょうね。

2015/10/06

感想・レビューをもっと見る