読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

キン肉マン 65 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 65 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 65 (ジャンプコミックス)

作家
ゆでたまご
出版社
集英社
発売日
2018-12-04
ISBN
9784088816913
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

運命の王子たちが参戦したことで六鎗客との戦いが激化。世界各地で死闘の幕が切って落とされ、ヘイルマンとマリポーサが氷炎の戦いを見せる。その頃ビッグボディは、ギヤマスターと巨漢同士のパワー勝負を始め…!?

キン肉マン 65 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Y2K☮

連載再開後のキン肉マンは「捲土重来」が絶妙のスパイス。カバーを見た時に「やっと君の番か」と思った。プロレスで云うところのジョバー。引き立て役にして負け役。しばしばネタにされるほど無様にあっけなく消えた彼。でもそういう連中のお蔭で主要キャラの人気が上がり、物語が白熱し、連載も続き、ひいては作者と読者がいい人生を送れる。今の新日本プロレスだと高橋裕二郎とかホントいい仕事してる。縁の下の力持ち。たまには彼らがスポットライトを浴びたっていいじゃない。本当の実力を発揮してもいいじゃない。あのページはぐっと来たなぁ。

2018/12/04

桂 K3 

 ビッグボディの活躍が、改めて見れるとは、長生きしてみるモノですね(笑)

2018/12/06

86番

やはりビッグボディは強かったんだ!あの時はフェニックスが強すぎたんだね。

2018/12/08

地下鉄パミュ

この巻の重要な言葉は『軽口』に決定。今までの戦い数あれど無口で試合を進めた方が居ただろうか。この『軽口』があればこそのキン肉マンじゃないだろうか。ビッグボディさんが2回目のヒップアタックを出した辺りは技が無いのかとヒヤヒヤした。キャノンボーラー、レオパルドン、ペンチマン、ゴーレムマン、伝説の4人の再登場も期待したいが可能性は低いでしょうね。勝敗は別にして新たにビッグボディの試合が見れた事に感謝ですよ!何十年も応援して来た甲斐がありました!

2018/12/04

sakamoto

やばい。『キン肉マン』を読んでガチで泣いてしまうとは…ビッグボディ…ビッグボディ!なんてこった…あのビッグボディが、こんなにも力強く誇り高く蘇って…

2018/12/07

感想・レビューをもっと見る