読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

キン肉マン 66 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 66 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 66 (ジャンプコミックス)

作家
ゆでたまご
出版社
集英社
発売日
2019-03-04
ISBN
9784088817798
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

白熱する運命の王子たちと六鎗客の激闘も佳境。ゼブラとマリキータマンが繰り広げる勝負は、まさに技巧の粋を尽くした激戦に!! マリキータマンによって「黒」を呼び起こされたゼブラの力は…!? 果たして運命の王子3連勝なるか!?

キン肉マン 66 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Y2K☮

ゼブラとマリキータ。技巧派対決。中邑真輔が昨年インタビューで「人種や言葉の壁を越えて人々の心を掴もうとすると、どうしてもシンプルな形になる」と話していた。一見誰でもできそうなもので明らかな次元の違いを見せる、それこそが匠の技。村上春樹の文体を真似たがる人(模倣は学びの第一歩という観点ならアリだ)は多いけど、誰も彼の味は出せない。それと同じだ。その点この一戦はやや技に頼り過ぎ。キン肉マンの泥臭い戦い方とは好対照。とはいえ同じ味ばかりでも飽きるし、いいアクセントか。そして意志の強さと頑固は紙一重。留意しよう。

2019/03/04

86番

「ビッグボディでさえ・・・」というフェニックス。ダメだよ、そんな事言っては。笑

2019/03/08

F4ふぁんとむ

ゼブラVSマリキータマンは、高度な技の応酬で堪能。そういえば、シマ馬キッドっていたなぁ。

2019/03/06

地下鉄パミュ

キン肉マンの始まりは『吉野家』『すき家』だと思っていましたが、『なか卯』だったとは1番の衝撃でした。ゼブラは裸超人なのか?フェニックスはしっかりトランクス着用してますが。背中にファスナーのような跡が・・・着ぐるみか(笑)まぁタイツ系のコスなのでしょう多分。ネットなどでは元祖裸超人はペンタゴンとなっているようです。ゼブラとテントウムシが良く喋ると突っ込んだ方が良いのかしら?リアルなプロレスで喋りながら闘うなど無いが、これが『ゆで流プロレス』なのだよ。見せて貰おうかキン肉マンの実力とやらを(byシャア)

2019/03/06

K

ゼブラの敗北、、、ゆでたまご先生、いい意味で裏切ってくれますね。

2019/03/04

感想・レビューをもっと見る