読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神緒ゆいは髪を結い 1 (ジャンプコミックス)

神緒ゆいは髪を結い 1 (ジャンプコミックス)

神緒ゆいは髪を結い 1 (ジャンプコミックス)

作家
椎橋寛
出版社
集英社
発売日
2019-07-04
ISBN
9784088818832
amazonで購入する Kindle版を購入する

神緒ゆいは髪を結い 1 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

絵が重めだからラブコメはどうかなー、と思ったけど黒ゆいかわいいです。ぬら孫の羽衣狐(の黒タイツを)思い出す。

2019/07/15

レリナ

椎橋先生の新作。ぬらりひょんの孫とはまた違ったテイストの作品。いいね、面白い。黒ゆい、白ゆいどちらも可愛い。こう言った日常モノも描けるとは。ぬらりひょんの孫のイメージが強いので、どんな作品かと蓋を開けてみれば、いいコメディ。話のテンポもいいし、出てくるキャラも魅力的。次巻ではどんな話が展開されるのか、楽しみ。また先が楽しみな漫画が増えた。鍵斗がこれからどんな騒動に巻き込まれていくのか、ワクワクする。次巻に期待。

2019/07/11

しまふくろう

表紙が可愛くて購入。本編はちょっと濃い少年漫画系な絵だった。可愛いよりも格好良いや凄いという印象の方が強い。この手のコメディで露骨なエロ方向へ振ってないのは今時珍しい気がする。 物語は乱暴者だけれど不思議な鎖で髪を結われると大人しくなるヒロインと、それに振り回される主人公の話。この設定でヒロインの家庭環境が一切出て来ないのが凄く不思議で気になる。 どういう結末になるのか、続きが楽しみ。

2019/07/07

紫雲寺 篝

「おぼえてるぜキミのこと… 拳でつけた百の刻印の一つだ」新入生神緒ゆいは普段は大人しい、白い姿の優等生。しかし一度髪の鎖が解ければ、黒色のスケバンが現れる。エリート組として学園を牛耳っていた鍵斗(キィト)は白ゆいに惚れてしまい、それをきっかけに神緒ゆいの騒動に巻き込まれ……!?椎橋寛最新作。企画は古く、初期タイトルは『スケバン猛将伝』とのこと。『神緒ゆいは髪を結い』というタイトルもピンと来ないが、『スケバン猛将伝』よりはマシかなぁと思う。話ははちゃめちゃでよくわからないが、とりあえず読める。

2019/10/15

leo18

バトルもシリアスもない、こういうコメディも意外と向いている。もともと日常話も面白かったしな。白ゆいも黒ゆいもどっちも良い。

2019/07/09

感想・レビューをもっと見る