読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドラゴンボール超 14 (ジャンプコミックス)

ドラゴンボール超 14 (ジャンプコミックス)

ドラゴンボール超 14 (ジャンプコミックス)

作家
とよたろう
鳥山明
出版社
集英社
発売日
2020-12-04
ISBN
9784088825182
amazonで購入する Kindle版を購入する

ドラゴンボール超 14 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

地下鉄パミュ

『何でも有りだな』それは敵も味方も関係無くお互い様なんですけどね。『フェアに戦いたい』ベジータが言うから意味がある。お前が言うなよって思う人もいるとは思いますが、純粋に戦いだけを求めてるベジータらしいっちゃらしいですよね。お前が言うなと思ってる人もピッコロさんのフォローで文句を言わせません。ナイスフォローでした。

2020/12/16

もぐ

☆☆☆前作とか読んでないけど、ちゃんと面白い。凶悪犯モロのせいで地球がまたピンチに。悟空とかベジータとか頑張る。胸をモロの腕が貫通したのに甦る悟空。スーパーだわ。悟空の髪が銀色になったらしいが、モノクロじゃ分からない。

2021/01/19

北白川にゃんこ

何だかんだと盛り上がるなあ。対策に対策を取られるのが意外にドラゴンボールっぽい。ブウ編あたりだな。

2020/12/07

よねはら

綺麗な花火じゃん王子!ベジータの内面が変わったことに言及してくれたのは嬉しいですね。正義の味方として消えることを選んだメルスの意思を受け継ぐことにしたものの、最終的には地球人の立場に戻る悟空の中身はあまり変わってないのもやはり嬉しい。

2020/12/05

こっこ

やっぱりか…ベジータ。一度くらい勝ち切って欲しいよ。 吸収やコピーはもう反則技なんだけど、そうでもしないと 敵として不足してしまうのだろうなあ。んで、悟空のまた悪い癖が発動か?

2020/12/30

感想・レビューをもっと見る