読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Shrink~精神科医ヨワイ~ 3 (ヤングジャンプコミックス)

Shrink~精神科医ヨワイ~ 3 (ヤングジャンプコミックス)

Shrink~精神科医ヨワイ~ 3 (ヤングジャンプコミックス)

作家
月子
七海 仁
出版社
集英社
発売日
2020-09-18
ISBN
9784088916880
amazonで購入する Kindle版を購入する

Shrink~精神科医ヨワイ~ 3 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「・・・青木さんが死にたがっていると思うんですか?──僕には・彼女が誰よりも「生きたい」と叫んでる様に見えます」。百人患者がいたら百通りの治療法を求められるとされ、精神科医の多くが己の非力さを痛感させられると言う摂食障害を描く骨太なエピソード全編と、深刻なトラウマを抱えて生きるPTSDの導入までを収録。外側からはなかなか見えてこない摂食障害に陥る背景やその克服の困難さが浮き彫りにされ、芽の出ない事に苦悩する声優と言う患者の内実が克明に描かれる、読んでいるだけで消耗させられる程の力作(以下コメ欄に余談)。

2020/09/23

フキノトウ

「摂食障害」で苦しむ佳鈴が自助グループでハグされた場面にうるっときた。寄り添うのは難しい、自分を押し付けがちになりそう。精神の治療で読書療法というのがあるのは知らなかった。調べてみたら、古代ギリシャの図書館のドアに「魂の癒やしの場所」と記されていたらしい。素敵。

2021/02/16

海(カイ)

摂食障害って思っていた以上に大変なんだなと感じた。見放さずでも一歩進むために背中を押してくれる...そんな弱井先生に診てもらいたい!と感じている。

2021/02/20

新天地

摂食障害編と、PTSD編の冒頭を収録。治療を受けて摂食障害を乗り越えてゆく過程で、周囲からの優しさによってかえって心配かけまいと無理をしてしまうこと等の苦労や葛藤がとてもよく伝わり、その描写に自分も患っているものは違うが、その心の焦りや負い目中に自身と通底するものを感じた。今回は「食べること」に生きづらさの歪みが出たが、この漫画の今までの話も自分も抱えた生きづらさの歪みがどこかに発露するという点では同じだと実感した。生きづらさの本質を捉えた確かな視点がある漫画だ。PTSD編はとても難しいテーマになりそう。

2020/09/21

じょうこ

シリーズ第3巻は「摂食障害」がテーマ。なかなかつらい内容なのだけれど、ヨワイ先生のニコニコ顔や患者への言葉がけがほっとする。プロではない私たちにも参考になるな~。レギュラーキャラの看護師の有里さんが患者の幼なじみで、友人あるある態度もうまく描かれているように思う。

2021/05/30

感想・レビューをもっと見る