読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀しゃり 新装版 (小学館時代小説文庫)

銀しゃり 新装版 (小学館時代小説文庫)

銀しゃり 新装版 (小学館時代小説文庫)

作家
山本一力
出版社
小学館
発売日
2020-11-06
ISBN
9784094068429
amazonで購入する Kindle版を購入する

銀しゃり 新装版 (小学館時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひいろ

★★

2021/04/01

なおお

女性の時代小説家のものを続けて読んだあとでの山本一力さん、辛口の日本酒の様なキリッとした文章に感じた。作家の暖かく穏やかな人格が表れているような登場人物たち。心温まる話が進む。武家と町人の心の交流も良い。最終盤の展開はちょっと出来すぎだが、まぁ良しとしよう。江戸時代の武家や庶民の暮らしを覗くのは楽しい。

2021/09/03

Naoko Fukumi Fujita

一番好きな作家の本、2009年7月に文庫化された同名作品の新装版。山あり、谷あり、スピード感もよく楽しくあっという間に読了。食、職人、武士そして地域のすみわけが如実に表現されている。いつどこで読んでもきっと誰もが楽しめるであろう、良質の時代小説といえよう。巻末の末國善己による解説がまたぴったりだと思った。

2020/12/21

感想・レビューをもっと見る