読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まねき通り十二景 (小学館文庫 J や 1-2 小学館時代小説文庫)

まねき通り十二景 (小学館文庫 J や 1-2 小学館時代小説文庫)

まねき通り十二景 (小学館文庫 J や 1-2 小学館時代小説文庫)

作家
山本一力
出版社
小学館
発売日
2021-02-05
ISBN
9784094068726
amazonで購入する

まねき通り十二景 (小学館文庫 J や 1-2 小学館時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

BLANCA

天保七年、江戸深川のまねき通りで店を営む人々の十二か月。私は「初天神」「天の川」が好きです。時代小説が苦手な私ですが、お気に入りの皆様が時代小説の面白い感想をたくさん書かれていて、何か読んでみたくなりました。皆様からすると入門編でしょうか。こんな私でも読み易かったです。

2021/04/13

ひいろ

★★★

2021/04/05

さく

それぞれに思いやりや優しさがあり、江戸の片隅で生きる人々に思いを馳せます。父が出稼ぎでいない寂しさを思い、大凧揚げに心を寄せる。帰って来た父を嬉しそうに見る子の姿が目に浮かぶようです。

2021/04/23

HaruNuevo

江戸はまねき通りで商いを営む市井の人々の姿を、暦に合わせて12景切り取った短編集。大きな事件が起こるわけではなし、ドラマチックな展開があるわけでなし、さらに12の景色は、はっきりとした結論や明らかな結末を描写することなく、読者に問いを投げかけるように終わる。淡々とした雰囲気でありながら、裏に人情、愛情、矜持を濃密に描いた本作は、これまで読んできた一力さんの作品とは少し違う、でも紛れもない傑作であると思う。再読必至。

2021/04/12

山内正

おまえ去年とうとう五十路に差し掛かりと言ってたじゃねぇか おまいさん本気でそんな事もう五十七になったんですよ 娘や孫来ないのは偏屈を引っ込めたら 徳兵衛は煙草に火をつけた 正月に父ちゃん帰って来ると真三郎 は寝た 店の凧を見ながらちゃんが戻ったら 買ってくれる売らないでくれる? 二度目にちゃんが戻らないから 他の人にと 買えるかどうか分からない凧を置いて貰って 徳兵衛の挙げた手を合図に手を放す 有難う 高く高く上がる凧 半纏姿の男が歩いてきた あっおかえりー飛び切り明るい声で 駆け出す

2021/03/06

感想・レビューをもっと見る