読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

水森亜土イラストブック Ado Museum

水森亜土イラストブック Ado Museum

水森亜土イラストブック Ado Museum

作家
水森亜土
出版社
小学館
発売日
2003-07-10
ISBN
9784096815717
amazonで購入する

水森亜土イラストブック Ado Museum / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

僕は男子だったから馴染みがないが、見覚えのある絵である。瞳と睫毛が特徴的ネ!Axis玄海library館内にて読了。

2016/09/17

Moemi

読友さんの登録本に影響を受け、図書館で借りました。 今まで亜土ちゃんにはあまり興味はなかったんですが、改めて見るとやっぱり可愛いです! ピンクピンクした感じのイラストが特に好き♡ 「♪花の散るのを見た事がありますか?」とかちょっとだけあるポエムもなんか可愛いです。 乙女チックとはまさにこういうことを言うんでしょうね。

2017/10/19

読み人知らず

あどちゃんのことをあまり知らないので読んでみた。確かにどこかで目にした絵でした。昭和の時代だと思うけど、まだ現役で活躍中だそうで。一時代を築いた人だと思う。

2009/08/17

めっちー

セクシーでカラフルな画集。昔のも見たかった。

2013/06/19

ぞう

子供の頃、歌いながら両手お絵描きパフォーマンス見ていたんで、なにげに「亜土ちゃんの絵ってどんなんだっけ」と画像検索してみたら「うああああぁぁぁぁ!!!」 リンクにあったブログで、「大正時代からなる日本のカワイイ文化にエロティックを持ち込んだ」とあるけど、本当にセクシー!!!当時の少女マンガとはちょっと違った女の子の瞳も、凄いです。

感想・レビューをもっと見る