読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うさぎのルーピースー

うさぎのルーピースー

うさぎのルーピースー

作家
どいかや
出版社
小学館
発売日
2006-01-26
ISBN
9784097261216
amazonで購入する

ジャンル

うさぎのルーピースー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちえ

どいかやさんの優しい絵に引かれて開くと「朝起きると机のしたでうさぎが死んでいました」という始まりに〈えっ!〉とショックでしたが、読み終えて〈命を慈しむ〉〈命の循環〉を改めて考えさせられた気がします。どいかやさんの生活上での実話からなのだろうと思わされました。読友さんに🐰ファミリーが何人もいるのでオススメとはいえないけれど、深く思わされ考えさせられる絵本です。

2019/05/23

ベーグルグル

どいかやさんの絵に惹かれて読みましたが、最初に死んでしまったうさぎのルーピースーから始まり、少し驚きましたが、自然の摂理、命の再生を教えてくれるお話でした。

2016/09/25

たまきら

死。子供は意外なぐらいにしっかりと受け止める力があると思うんです。美しい絵と弔う儀式におたまさん釘付け。「あ、にっこりしている」とほっとしていました。

2018/05/14

浅葱@

ルーピースーの毛並みが柔らかでふわふわしていて、つい手にしていた。ルーピースーの命の行方にあたたかさを感じる。尽きない命に永遠を感じる。

2014/01/11

小夜風

【図書館】読メに表示される表紙には思いっきりネタバレ。図書館で借りた本の表紙には、左下の一文は載っていなかったけどな…。どいかやさんの美しい絵にうっとり。私ならお花を植えたい。

2014/05/26

感想・レビューをもっと見る