読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

前立腺ガン治療革命 (小学館101新書)

前立腺ガン治療革命 (小学館101新書)

前立腺ガン治療革命 (小学館101新書)

作家
藤野邦夫
出版社
小学館
発売日
2010-04-01
ISBN
9784098250776
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

前立腺ガンの最新治療法をわかりやすく紹介。

この20年間で40倍以上急増した前立腺ガン。
2020年には日本の男性ガン患者数では、胃ガンを抜いて1位肺ガンに次ぐ7万8000人になると予測されています。
しかし前立腺ガンは早期に適切な治療を受ければまず命を失うことはなく、根治することも可能です。またある程度進行してからでも、適切な治療により元気に長く生きることができます。
待機療法、ホルモン療法、放射線治療、手術――
多岐にわたる治療法についてメリット、デメリットを、「がん難民コーディネーター」として多くのガン患者の相談を受けてきた藤野邦夫氏が丁寧に解説します。
そしてガンの進行度に対してどの治療法が最適なのか、再発や生存率を左右する治療法の選び方を紹介します。(2010年発表作品)

【ご注意】※この作品には図表などが含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。

前立腺ガン治療革命 (小学館101新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

瓜月

参考になりました。

感想・レビューをもっと見る