読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大ダーク (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

大ダーク (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

大ダーク (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
林田球
出版社
小学館
発売日
2021-11-12
ISBN
9784098507993
amazonで購入する Kindle版を購入する

大ダーク (4) (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムッネニーク

94冊目『大ダーク』(林田球 著、2021年11月、小学館) メインキャスト4人が揃ったわけだが、いまいち盛り上がらない。林田球は『ドロヘドロ』からのファンだが、贔屓目に見てもこの連載が上手くいっているとは思えない。緊張と緩和は相変わらず達者。 「ナグールンは 俺のたった一人の 友だちだと 思ってる…」

2021/11/15

しましまこ

ライトヘッド教団の教祖がビッグ=ピカス(笑)。可愛い顔して超エグエグだよピッカピカ!何が何だか全くわからんが面白い。

2021/12/05

JACK

◎ 広い宇宙を舞台にした何でもありの物語。主人公たちは全宇宙の嫌われ者「4匹の害悪」と呼ばれ、巨大企業「光力塊」と、その前身である宗教団体「ライトヘッド教団」から命を狙われている。この巻では主人公たちの前に初めて強敵が登場。今後の展開がなんとなく分かってきました。何でもありの展開は面白いが、害悪の1人、死神の「死ま田=デス」が強過ぎて、コイツが本気を出したら物語がすぐ終わってしまいそう。物語のバランスを取るのが難しい作品だと思います。

2021/11/28

北白川にゃんこ

ダメマスターいい友達だな。ヘル丸すぐ死ぬ。16さいだもん!こどもだもん!

2021/12/09

4 新刊読了。光力塊と同根のライトヘッド教団が「光核人間」なる人造人間的な刺客を作り出し、サンコら「四匹の害悪」を狙う。という、一応のストーリーらしきものはあるものの、正直よく分からない。とりあえずサンコは体質的に色んな人から狙われる宿命で、保護者のアバキアン、友達の死ま田とダメ丸、ペットのモージャがおりなす日常ドタバタコメディくらいに捉えて読んでいる。多分、それで間違ってないと思う。モージャも相変わらず可愛くて萌えるが、すぐ死ぬダメ丸もオッサン面なのに可愛い。ダメ丸がシャドーになったシーンは本巻の白眉。

2021/12/03

感想・レビューをもっと見る