読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (中) (ビッグコミックススペシャル)

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (中) (ビッグコミックススペシャル)

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (中) (ビッグコミックススペシャル)

作家
原田まりる
荒木宰
杉基 イクラ
出版社
小学館
発売日
2019-01-11
ISBN
9784098602049
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

哲学×ラブコメ=思わずうなずくコミック!

第5回京都本大賞受賞の同名小説がコミックに!京都在住の女子高生の前に現れた爽やかニーチェが優しく人生指南。哲学アレルギーもこれを読めば完全克服!他の哲学者も降臨してラブコメ哲学漫画が繰り広げられます!今巻には新たな哲学者が次々と降臨!さらに哲学を知る機会に恵まれます。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 (中) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「すべての事から逃げてるんだ。誰にも、なんにも、伝えた事がない」。センシティブなキルケゴール、寡黙なイケおじのショーペンハウアー、軽妙酒脱なサルトル、チャラいワーグナー、続々とアリサの前に現れる美男哲学者達がアリサの心を惑わし、悩ませ、やがて前へと進ませる。自由と引き換えの「選ばなかった可能性」、「いつでも自分自身の主人であれ」が招く責任、苦悩と退屈をループする生、そして「実存は本質に先立つ」。哲学者達の軒並みイケメン化でだいぶショーアップされているけど、歯応えと難易度は急上昇な印象(以下コメ欄に余談)。

2019/01/20

どんぐり

小説版積本化でのコミック版購入。だが京都である必要はあったのか。哲学の道があるだけで・・素敵な場所だけどね。

2019/01/22

ちゃーりー

ショーペンハウアー登場。なかなか難解ですな。東京の中野区には、哲学堂公園というのがあります。下巻で井上円了は登場しないのでしょうか。

2019/02/28

感想・レビューをもっと見る