読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「十五少年漂流記」への旅 ―幻の島を探して (新潮文庫)

「十五少年漂流記」への旅 ―幻の島を探して (新潮文庫)

「十五少年漂流記」への旅 ―幻の島を探して (新潮文庫)

作家
椎名誠
出版社
新潮社
発売日
2021-06-24
ISBN
9784101448428
amazonで購入する

ジャンル

「十五少年漂流記」への旅 ―幻の島を探して (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あつし@

「十五少年漂流記」…。 自分の少年時代を豊かにしてくれた思い出深い本だ。(ちなみにもう一冊は「源義経」)間違いなく椎名誠さんと同じような思いを持ちながら何度も読んだ本。その漂流記の舞台となった無人島を椎名さんが探す旅行記。それまでの豊富な旅のエピソードを背景にして書かれた何故かとても豊かな旅行記だ。懐かしさとさわやかさがあった。

2021/07/28

吉田正

ページ数少ないのに結構時間かかったたな。

2021/07/11

okin

話のモデルになった場所に向かうのは楽しそう。気になったら行くっていうのは椎名さんらしいな。遠い昔に実際の土地を見たわけじゃなく、地図だけで想像して物語を書いたヴェルヌは凄い。

2021/08/01

感想・レビューをもっと見る