読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猫河原家の人びと 花嫁は名探偵 (新潮文庫)

猫河原家の人びと 花嫁は名探偵 (新潮文庫)

猫河原家の人びと 花嫁は名探偵 (新潮文庫)

作家
青柳碧人
出版社
新潮社
発売日
2020-09-29
ISBN
9784101802039
amazonで購入する Kindle版を購入する

猫河原家の人びと 花嫁は名探偵 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

坂城 弥生

かおりの結婚相手の家族がまた個性的で、何だろう今後両家入り交じって事件に関わりそうな予感。でもかおりの友紀への手紙の内容知りたかったなぁ…

2020/10/23

さくさくと♪脱力系に磨きがかかったかも、婚家の方々のキャラも(>_<)

2020/12/01

onasu

名探偵揃い(?)の猫河原家に舞い込んだのは、「温泉宿に婿入りすれば命はない」との脅迫状を携えた依頼で、温泉に釣られて代理で出張ったかおり姉と友紀の前には、別の死体が転がることに。  探偵ぶりには触れないが、あれよあれよと展開する連作長編は、予想に反しておもしろく、猫河原家を上回らんとする家族も登場。  拡大メンバーでの捜査会議(推理を供さないと食事が与えられない)の場面がなかったのが唯一残念でした。

2020/12/24

きょん

事件がきっかけで、頻繁に第一容疑者と疑われ男・橋神ひろきとかおり姉が結婚する事になるも、橋神家の癖強めな家族との推理合戦を繰り広げる事に。食事会での推理合戦は面白かったけど、結婚式で友紀ちゃんをコケにするエンディングはちょっと気分が悪いな。いくらかおり姉ならではの理由があろうとも、結婚式の衆人環視の中で友紀ちゃんの推理を否定し笑い者にしてるわけで思いやりが無さすぎて嫌だ。

2020/10/12

寒っ!!

最初のころと比べたら読める内容になっている。状況説明が分かりづらいところは難かな。新しいキャラクターはそこそこ活躍してくれそうな感じだ。

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る