読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

間違いだらけの高齢出産

間違いだらけの高齢出産

間違いだらけの高齢出産

作家
吉村泰典
出版社
新潮社
発売日
2013-06-28
ISBN
9784103342717
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「実に多くの夫婦が、妊娠・出産の正しい知識を持っていない」……これまで3000件以上の出産に立ち会い、不妊治療も数多く手掛けるベテラン産婦人科医師が、妊娠・出産について分かりやすく解説します。出産や流産と年齢の関係、不妊の原因と治療内容、気をつけるべき女性の病気など、今すぐに知りたい最新情報が満載。

間違いだらけの高齢出産 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

椿

高齢出産が増えているから、それについての注意とかが書いてあるのかな〜と軽い気持ちで借りてみたけど。結婚年齢も出産年齢も以前より上がっているけど、生殖年齢は決して上がっていない、と書いてあって。そんなことも知らなかった。寿命が伸びてるから、漠然と、生殖年齢も…って思ってて。著者は、妊娠や出産について知識が不足している女性が増えている、って書いているけど、私もそうだったよ〜。とにかく35歳までに出産、ということが、しつこく書いてあったよ。

2014/09/11

TOM

不妊治療の末、44才で妊娠。結局、妊娠を維持することはできなかったけど、後悔していません。これで不妊治療を終了しましたが、頑張り抜いての結果なので、今は、晴れ晴れした気持ちです。

2014/06/22

あーい

不妊治療をして妊娠初期を迎えた私・・・産まれるときには高齢出産の域に入るのでいろいろ考えながら読んだ。妊娠とはすごいリスクがあるもの。当たり前のようにみんながしているようで陰にはいろいろある。卵子提供や精子提供についても考えさせられた。戸籍上の家族ってなんだろうとか。答えとしていえるのは妊娠出産とは奇跡の連続だということ。

2014/05/21

Hiromi Okamoto

改めて我が子がさらに愛おしい存在となり感謝しました そして不妊治療現場で仕事していたとき患者様の真剣さに圧倒されましたが わかったような気がしました  自然なものが少なくなってきている現代で自然な出産は安易に考えていてはできないことを知人にも伝えたいです

2015/01/27

Ruka Takahashi

私は高齢出産にあたります。この事実と奇跡を真摯に受け止めざるを得ないほど、生殖医療の現場と40年関わってきた著者の切望が書かれています。高齢出産はリスク、それも我々が思うよりずっと高いリスクを伴うもの。マスコミがタレントや著名人の高齢出産をセンセーショナルに報じることで、多くの人に誤解を与えてしまっているのは事実。著者は出産には適齢期があるとはっきり言っている。また、日本人の出産が高齢になっているのは、女性が仕事と育児を両立しにくい社会にも問題があると言っている。

2014/01/23

感想・レビューをもっと見る