読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕の人生には事件が起きない

僕の人生には事件が起きない

僕の人生には事件が起きない

作家
岩井勇気
出版社
新潮社
発売日
2019-09-26
ISBN
9784103528814
amazonで購入する Kindle版を購入する

「僕の人生には事件が起きない」のおすすめレビュー

日常にひそむ狂気! ハライチ・岩井がエッセイ集で明かした“死の不安”とは?

『僕の人生には事件が起きない』(岩井勇気/新潮社)

 お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気さんが、初のエッセイ集『僕の人生には事件が起きない』(新潮社)を刊行した。テレビ越しには、相方である澤部佑さんの陰に隠れた存在に映る一方で、テレビ番組「ゴッドタン」で芸人へのダメ出しをする場面をはじめとして、時折みせる辛らつな一言で鋭い牙をむく姿も目立つ。

 今回のエッセイ集に収録されたエピソードも、岩井さんのいわば“狂気”ともとれる片鱗が垣間見えるものばかり。ページをめくるたびに、なにげない日常を俯瞰的かつシニカルに捉える岩井さんならではの視点に自然と引き寄せられてしまう。

■自宅の庭を“死の庭”に変える危機をあと一歩で回避

 庭付きのメゾネットで一人暮らしをしていると明かす岩井さん。春あたりから生い茂る雑草を一本一本ていねいに抜いたりと、几帳面に庭の手入れをしていたある日にふと、ネットを介して「土に塩を撒く」という方法へとたどり着いた。

 岩井さんが見た情報は「しつこい雑草には塩がいい」というもの。何でも、「土に塩を撒くと植物が枯れて雑草も生えてこなくなる」のに加え…

2019/10/19

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

僕の人生には事件が起きない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

seacalf

楽しい2時間ほどの読書。クセがないのに飽きさせず、時々くすりと笑わせる。あんかけラーメンの汁の話なんかは、似たような感覚があるからニヤニヤ。日常を描いているのに決して単調ではなく、するすると読める。なんだろう、この面白さは。ハライチ岩井さんのことはあまり知らなかったのだけど、力まずとも揺るがない『ブレない芯』を所々に感じて、好ましく思った。今度テレビで見かけたら注目してみよう。どうでもいいけど、岩井さんと写っている巻末のモネさんが可愛い。丁度良い塩梅で楽しく読めたから、次作が出たら、また手に取ってみよう。

2020/08/30

kou

面白かった。何気ない日常も見方によっては、こんなに面白くなるのか!と驚かされた。今後も、エッセイや小説を書かれた際は、是非とも読んでみたいと思った。

2019/11/26

みどり虫

ハライチの漫才見ていると、澤部に笑いながらもやたら気になるのが岩井くん。私が思ってたより行動派で、気になることはやったり行ってみたりする。でも大した事件は起きない。それがまたいい。ちょっと冷めてて捻くれてて、でも両親との関係がいいし、澤部(あれ、さっきからどうして澤部は呼び捨てになる…笑)のことも理解して信頼してる感じもいい。棚の組立てから家族が言い合いになる話、笑った!それは意地悪過ぎないかしら…な話もあったけど、ゲラゲラというより全編クスクス笑った読書タイム。ぜひまた何か書いて欲しい。おもしろかった!

2020/03/29

岡本

芸人・ハライチ岩井のエッセイ本。ゴッドタンやラジオで見せる尖った部分が詰まった一冊。同窓会や親戚の話では共感しつつも誕生日会のエピソードは少し引くレベル。本人にとっては何気ない日常もしっかり本になる程の仕上がりだし、売れ行きも好調なので次回作も期待大。

2020/01/06

gtn

著者は同窓会が苦手だという。同感である。性格の合わない者を、たまたま同じクラスだったということだけで括ることに無理がある。今でも交流のある同級生に強く誘われ、昨年、何十年かぶりに同窓会に参加。若いころ割と破天荒だった奴が、変な常識を身にまとってすぐ怒り出したり、当時から意固地だった者がさらにその癖をこじらせていたり、違和感だらけの時を過ごした。私以外の連中は年に二度ほど会っているらしいが、当方が次に参加するのはいつになることか。みんなさようなら。

2020/11/27

感想・レビューをもっと見る