読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜の樹 (新潮・現代世界の文学)

夜の樹 (新潮・現代世界の文学)

夜の樹 (新潮・現代世界の文学)

作家
T.カポーティ
竜口 直太郎
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784105014025
amazonで購入する

夜の樹 (新潮・現代世界の文学) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

voc

夢を売る女/誕生日の子供たち/最後の扉を閉めよう/銀の酒壜/ミリアム/無頭の鷹/私の言い分/夜の樹/クリスマスの思い出/感謝祭の訪問客

2010/09/30

-i

古本屋で購入して読みました。感謝祭の訪問客やクリスマスの思い出など、子どもの目線で書かれた物語が良かったです。

2011/02/26

やまはるか

 書架に村上春樹訳の短編集「誕生日の子供たち」と「夜の樹」がならんでいて、「誕生日…」は3年前に読んだことがメモされていた。「夜の樹」の10編中4編がかぶっていたが、読み進む間に少しずつ既読感が深まり、「クリスマスの思い出」まで来ると過去の読書と今の読書がシンクロした。訳の違いを超えて過去の読書世界に引き戻されるようなある種の感動があった。小さな文字で紙焼けし、1970年の刊行から長い流浪を経てここにある。

2018/07/26

感想・レビューをもっと見る