読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

歌舞伎町ゲノム

歌舞伎町ゲノム

歌舞伎町ゲノム

作家
誉田哲也
出版社
中央公論新社
発売日
2019-01-18
ISBN
9784120051593
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

新宿の街に巣くう毒虫どもを仕置きするという「歌舞伎町セブン」。その彼らの元に舞い込む依頼とは……。「復讐」という言葉を借りて、数々の人間模様を目の当たりにする彼ら。そのとき「歌舞伎町セブン」のメンバーはどう動くのか。新メンバーも加入し、不気味で謎めいた巨大組織「NWO」もまた、動き出す! シリーズ最新作。

歌舞伎町ゲノム / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

連作5話。どの話も面白く読んだ。無罪又は死刑!なかでもシンちゃんが出だしの話が良かった。いや、良かったって言うのもなんだが・・誉田さん、次は東と陣内が絡む話を長編でお願いしたい。そしてその時はセブンのメンバーに土屋昭子も何とかして頂きたい。これ以上ジンさんと絡ませたくないのだ!

2019/02/10

starbro

誉田 哲也は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。『ジウ サーガ』シリーズも読み続けています。 http://www.chuko.co.jp/special/jiusaga/ 今回は連作短編集、軽い感じで、IWGP歌舞伎町アダルト版といった感じでした。次回は、ヘビーな長編を期待しています。

2019/02/22

まるけん

待ってましたの、『歌舞伎街シックス』。しかし5話から成る短篇集だったぁ…。誉田さーん、長編で読みたいですっ。まぁ、『彼ら』の圧倒的な強さはストレス解消になりましたが。それぞれのメンバーを思い出す良い機会でした。東刑事も出演してくれましたし。多分、次作では『歌舞伎町セブン』に戻れる予感が…。次は寒い日が続きますが、大沢さんの『漂砂の塔』に行ってみます。

2019/02/10

美登利

このシリーズにはグロは欠かせないですね。必殺仕事人だから。法で裁けない悪人を卓越した技を使って死に至らしめる。何だかスカッとした気分になるのは否めないですよね。特に今回は短編でそれぞれのメンバーに視点があたり、キャラ設定のおさらい的な要素もあってしばらくぶりの読者たちに思い出させるところもあり良かったと思いました。陣内さんのかっこよさと言ったら〜もう。ファンには悶絶ものじゃないでしょうか。掃除屋シンちゃんもとてもいい味出してます。

2019/03/16

みかん🍊

シリーズ物なのに前作すっ飛ばして読んでしまった、結構グロかったりエロかったりするシーンもあったが最近甘いの読んでたのでたまに辛いのが読みたくなる、現代版必殺仕事人たち、無罪か死刑この二通りしかないというのは極端すぎてちょっと懲らしめるくらいでもよいのではというのもあったが、法で裁けない悪を懲らしめる、面白かったです、前作も遡って読まなくては。

2019/03/05

感想・レビューをもっと見る