KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジウX (単行本)

ジウX (単行本)

ジウX (単行本)

作家
誉田哲也
出版社
中央公論新社
発売日
2023-06-21
ISBN
9784120056611
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジウX (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

誉田 哲也は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 〈ジウ〉サーガ、久々の新作がパワーアップして帰ってきました。中途半端なエンディングなので、シリーズはまだまだ続きそうです。 著者は、完全に嫌中派になった模様です。本書を中国共産党の幹部が読んだら、激怒するでしょうね(笑) https://www.chuko.co.jp/tanko/2023/06/005661.html

2023/07/15

いつでも母さん

前作ゲノムを読んで、東と陣内を絡ませて長編でと願った私。誉田さん、ありがとうございます。しかもこのラストったら、期待を持たせるじゃないですか。事件はスッキリせずに東に肩入れしちゃうし、ジロウの左目が痛くて辛い。あの国の方々が日本の土地を購入するのが増加してるのに、この国は手を打てない現実は私も気になっていた。だけど、相推法や相互主義・・脱中国?ちょっと怖いこの先を誉田さんが進む。NWOとの決着は近いのか?もやもやするので早めにお願いしたい。

2023/07/10

タツ フカガワ

生きながら包丁で切開され臓器を取り出されて殺された女性の事件で、東刑事が特捜部で捜査にあたっているころ、ジロウとミサキは、フリーライターの土屋昭子から一人の少年の身柄を預かる。いつもながらエグい描写の幕開けで、今回は「脱中国」がテーマ。テロ集団“NWO新世界秩序”vs歌舞伎町セブンという構図で、終盤の活劇も面白いが、警察小説の色合いが薄くなってきたのは寂しい。東刑事の孤独が、なぜか次作を期待させる。

2023/10/06

reo

歌舞伎町セブンとNWOの覇権争いがいよいよ表面化してくる。ところがNWOの目的は「LINE」のバックドアーの暴露。日本学術会議が「日本国憲法」9条2項に自衛隊を『国防軍』と明記するよう政府に提言。「ハニトラ」にかかり中国共産党に協力させられる日本人の排除。国同士の相互主義の遵守。特に中国人による土地所有は、中国本土が禁止している項目なので、それに倣うというもの。与野党問わず親中議員が跋扈する今の国会の現状をみていると、NWOの活動内容が至極最もなので肩入れしたくなった。ただ殺し方は相変わらずえげつない😰

2023/11/10

ヒデキ

何故、今回は、「ジウ」をメインタイトルに持ってきたか? それを一番の疑問に読み始めましたが、 ちょっと、結論は、出ませんでした。 お話が、「新世界秩序」の世界に戻ってきて 「あの娘」も遂に再登場してきました 全体の話のスケールが、飛んでもない方向に行きそうで 心配ですが、アクションを文章で読ませる腕は、流石ですね 待ったかいがありました さあ、続編は、いつになるでしょうか

2023/07/13

感想・レビューをもっと見る