読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もぐら 凱 (上) (中公文庫)

もぐら 凱 (上) (中公文庫)

もぐら 凱 (上) (中公文庫)

作家
矢月秀作
出版社
中央公論新社
発売日
2013-10-23
ISBN
9784122058545
amazonで購入する

もぐら 凱 (上) (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

シリーズ前作を読んでからおよそ4年ぶりのブランクを経て、最終巻上巻を読了です。長い間積んであったのですが、ふと手に取り読み始めましたが、いい意味で単純な面白さは健在です。とにかくテンポがよくサクサク読み進めていけるのが痛快で、リラックス?する読書には最適かなと。難しいコトはいっさい考えず、アクション&バイオレンスとしての至ってシンプルな娯楽をまっすぐなキモチで向き合い、楽しむコトが最優先ですね。お馴染みのメンバーもしっかりと登場するので、シリーズをずっと読んでいる読者には感慨深いモノがあるかなと思います。

2016/12/25

KAZOO

最初から、警察官が殺されて無国籍者たちのモールに対する復讐が始まります。この作品が最後ということで2分冊にしているわけでしょうがまあ最後は正義が勝つという結果になるのでしょう。作者は、警察官僚のトップと政治家はあまりお好きなような感じではないですね。エンターテイメントとしては楽しめます。

2015/06/10

きさらぎ

プロローグからして「えええ~~~!」という展開。ラストもプロローグと同じ位衝撃的だった。 この先一体どうなるの~!いざ、集大成の下巻へ。

2015/04/29

佳乃

古谷が殺され、垣崎まで殺され・・・そして、楢崎もすんでで助かっている。モール専従員ばかり狙う目的は。沖縄にいる竜司、紗由美のところまで迫ってきている。一体どうなるの?小山田の背後には誰が潜んでいるの?それにしても、小山田かなり個人的に目障り。

2015/02/28

大地

もぐらシリーズ最終作。相変わらずハードボイルド!!ド派手!!スケールがでかい!!垣崎かっこいいな。下巻でどうなるのか・・期待して読みます。

2014/04/02

感想・レビューをもっと見る