読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

歌舞伎町ダムド (中公文庫)

歌舞伎町ダムド (中公文庫)

歌舞伎町ダムド (中公文庫)

作家
誉田哲也
出版社
中央公論新社
発売日
2017-02-21
ISBN
9784122063570
amazonで購入する Kindle版を購入する

歌舞伎町ダムド (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

🅼🆈½ ユニス™

ダムドって何だろう考えながら読み始めて直ぐに英語の”damned”だと知った🤣(渾名負けで呆気なく死っちゃったけど)。歌舞伎町セブンを読んですぐに飛びついた「歌舞伎町ダムド」も普通に面白かった。殺人軍団を応援したくなる今回のストーリーも嫌いじゃなかった。ミサキ?ジロウ?東?の中の誰かが犠牲になるだろうなぁって思ってたけど、みんな無事でヨシ!登場人物の意外な過去も判って来てこの先も続いて欲しいシリーズでもあった。この終わり方だと間違いなく、pǝnuıʇuoɔ ǝq oʇ ❗️

2018/05/26

nobby

これで全て繋がったってことだね♬それにしても、ここにきてジウや「新世界秩序」を完全に掘り起こす、いや本題に持ってくるのはスゴい!シリーズ故ともいえる冒頭のグロさは生半可ではないが、それを過ぎればセブン登場に胸躍らせるばかり!人物毎の活躍具合にはかなり偏りあるけど(笑)いつぞやか東警部補が命を狙われる理由はいかに!?不可思議に混迷極まる事態が、終盤しっかり重なる展開はサスガ!強いて言うならダムドの小粒感が残念過ぎる…「…お前みたいなチンカスが、ジウを騙るな」まさに可愛さ覗かせる殺戮マシーンな彼女の言葉通り!

2021/02/25

のり

歌舞伎町が再び不穏な気配に包まれつつある。発端は、立てこもり犯が新宿署の「東」を指名し呼び寄せた事件。なぜ名指しだったのか?そして謎が深まる死…裏社会の人達から、賞金首にされた東。ジウの後継者と名乗る「ダムド」や、第二の「ミヤジ」等、様々な力が交錯する。歌舞伎町セブンも一枚咬むことに…相変わらずセブンの連中はカッコいい。まだまだ続いて欲しいシリーズです。ミサキの正体にニンマリ+人間味が出てきたのが嬉しい。

2018/05/12

H!deking

いやー今回も面白かった!相変わらずのリーダビリティで一気読みでした!それにしてもダムドくん怖ぇなw

2020/10/20

となりのトウシロウ

ジウの後継を自任し快楽殺人を繰り広げるダムド。自らの言葉は口語で表現されておらず不気味さが増す。また歌舞伎町封鎖事件を起こした「新世界秩序」これらが、新宿署東を狙う。そしてミサキ、ジロウの正体が判明した歌舞伎町セブンが対峙する。ジウサーガシリーズ7作目にしてようやく全ての話が繋がった本作。誰が敵で誰が味方なのか分からない。街の秩序のために裏社会で巻き起こるブラックな世界。ハラハラドキドキが止まらず、あっという間に読了。

2021/08/09

感想・レビューをもっと見る