読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

化学探偵Mr.キュリー10 (中公文庫 き 40-15)

化学探偵Mr.キュリー10 (中公文庫 き 40-15)

化学探偵Mr.キュリー10 (中公文庫 き 40-15)

作家
喜多喜久
出版社
中央公論新社
発売日
2021-05-21
ISBN
9784122070677
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

化学探偵Mr.キュリー10 (中公文庫 き 40-15) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

うまいっ! 思わず心で叫ぶ。「本つぶやき」で「トリックを云々」などと書いてしまったけれど、作者の本当のトリックはやはり違っていて、しかもずっと素晴らしい。ミステリ的に、ではないけれど、少し広い意味ですごくミステリです(ノーネタバレで書くのって大変・笑)。読者としては、いつもの落ち着くところへ落ち着けるのかどうか、本当にヤキモキ。結果は……書けませんよね、やっぱり。すみません。10作目ともなると、沖野先生も角がとれて、自然にふるまっているなぁ。ラスト1ページが、何だかすごく感動的。うん、これがいいんですよ。

2021/07/30

よっち

四宮大学へ視察にやってきた姉妹都市協定を結ぶマイセン王国の王子。実はこれには隠された目的が……。一方、舞衣の元には研究施設を無断使用した学生の情報が入る第十弾。沖野に師事して化学研究に情熱的に取り組む王子の真の目的。王子からの提案にそれぞれ心揺れる舞衣と沖野、そしてなかなか真相に近づけない学生の隠された目的。提案を聞かされた時の二人の反応を見ると、そんな認識レベルなのかと正直まだ道のりは遠いなあと思わざるをえなかったですが、きちんと大切な人と向き合い収まるべきところに収まった結末はなかなか良かったですね。

2021/07/05

シフォン

シリーズ10作目、お互いに気になっているにもかかわらず、相変わらず進展しない沖野と舞衣。学内の事件はネタが尽きてきたのか、今回は、こんな2人の間に割って入るものが登場。マイセン王国の王子が四宮大学へ視察でやってくる。隠された目的は3つで、1つは沖野が関わっている。残り2つに舞衣を巻き込んでの展開。ありえないけど、面白い。もう一つ、研究施設を無断で使用した学生は、講義に出席しておらず、何やら怪しい人の研究に加担している。ツッコミどころはあるけれど、あり得ないとはいい切れない、喜多さんらしい題材だった。

2021/07/10

さくさくと♪お二人が、じれますねぇ。王子の登場は、お話しとはいえお話しすぎのような。ドラッグは、だめだめ♪

2021/06/19

ネムコ

今回はちょっと飛び道具だったかも⁉ ヨーロッパの小国の王子様が大学を視察し、あまつさえ全合成に挑むというのもヘンだし、Mr.キュリーを国立研究所の所長に迎えたいとか。舞衣へのプロポーズに裏があるのは予想付きましたが。沖野先生の同級生がアヤしい研究を行っており、それに四宮大学の生徒が巻き込まれてるのは緊迫感ありましたけど。このシリーズは化学で謎を解明するシチュエーションが一番盛り上がる気がします。

2021/05/30

感想・レビューをもっと見る