読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

潜れ! さかなクン: 東京湾 五島列島 熱海

潜れ! さかなクン: 東京湾 五島列島 熱海

潜れ! さかなクン: 東京湾 五島列島 熱海

作家
さかなクン
NHK「潜れ!さかなクン」制作班
出版社
NHK出版
発売日
2019-07-25
ISBN
9784140817858
amazonで購入する Kindle版を購入する

潜れ! さかなクン: 東京湾 五島列島 熱海 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白くゆらめくユウレイボヤまみれな氷川丸の船底。東京湾の海底神社で30年のおつきあいのコブダイ頼子ちゃんとチュッチュするガイドさんとさかなクンさん。お年で前歯が全部抜けてるので危険はないそうな…。昭和47年に台風並みの大型低気圧2つにぶつかり沈んだ木材運搬の沈没船の謎に迫る。クロマグロの生け簀や風力発電の水車の真下を探検。古代遺跡と間違うような、柱状節理の海底の地形はここにタモさんもつれてきて、なんなら上皇さまもお連れして、ブラ上皇とコラボしてほしい。どれもこれも着眼点が面白くて、おさすがでございました…。

2019/11/03

T K

身近な東京湾について知識ゼロであったが学ぶことができた。東京湾アクアラインは、川崎から木更津にかけて海底トンネルと橋で構成されている。風の塔は、トンネル内の換気を行うために設置されている。その他、波左間には海底神社があること。コブダイは雌として生まれ成人すると雄になること。定置網は網の奥に進むにつれ網の目が細くなること。海岸は干潟、藻場、砂地、岩礁などの種類があることなどを知った。

2021/03/31

森田健作

東京アクアラインや風力発電所などの水上建造物の下に潜り、魚の生態・水中の様子を紹介。海との共存を図るためにいかに建造物に工夫がなされているか良く分かった。

2019/11/16

感想・レビューをもっと見る