読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

作家
アガサ・クリスティー
Agatha Christie
羽田詩津子
出版社
早川書房
発売日
2003-12-01
ISBN
9784151300035
amazonで購入する Kindle版を購入する

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

クリスティは初読。そもそも、ミステリーを読み慣れないので、登場人物たちの過剰なまでに濃密な人間関係に戸惑いを覚えながら読み進めることになった。名探偵役のポワロはなかなかに魅力的だ。風采の上がらない小男のベルギー人という設定も、イギリス社会の中に置いてみると、一層に異彩を放ちそうだ。ミステリーとしての評価をどこに求めていいのかわからないが、意外性は確かにあるだろう。また、ミステリーマニアには謎解きの楽しみに満ちた作品だろう。ただし、小説として見た時には、「語り」のあり方として根底的な矛盾を感じざるを得ない。

2015/07/16

Kircheis

★★★★★ クリスティの数ある作品の中でも特に有名で、個人的には1番好きな本作。 今回は再読だったが、全く飽きることなく最後まで一気に読んでしまった。 犯人の意外性がクローズアップされることが多いが、登場人物の描写、ポアロの不思議な魅力、セリフ回しなど、純粋に物語として面白い。 特にシェパード医師の姉、キャロラインの存在感は良かった。

2018/10/29

ヴェルナーの日記

海外ミステリーの古典を読むなら、必読というべき一書。物語の構成について、フェアーか、アンフェアーかを問題として問われていることからも、本書におけるインパクトが大きく現在にも影響を与えている秀逸な作品だ。著者クリスティーは、多作な作家であり、数多くの名作を世に生み出し、その作品のほとんどが映像化されている稀有な作家といえる。

2014/08/29

れみ

イギリスの片田舎の村キングズ・アボットで起こった村の名士アクロイド氏殺害事件。最近村に越してきた風変わりな男の正体が名探偵のポアロとわかり、医師のシェパードはともに事件を調べ始める…というお話。文章の端々に違和感を感じはしたものの、そういう展開が待っていたとは。小さな村らしい閉鎖的な人間関係などの雰囲気がいかにもこういうミステリーものらしく惹き込まれる。

2015/12/17

yu

Kindleにて読了。野村萬斎さんと大泉洋さんでドラマ化されるということで読んでみた。ポアロのどこか透かした余裕感が、相変わらずいいい意味で鼻につく。これは、ドラマは是非見なくては。

2018/02/21

感想・レビューをもっと見る