読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

メイド・イン・ロンドン

メイド・イン・ロンドン

メイド・イン・ロンドン

作家
熊川哲也
出版社
文藝春秋
発売日
1998-11
ISBN
9784163544700
amazonで購入する

メイド・イン・ロンドン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みにょん

熊川さんのバレエの世界には「自分」と「観客」しかいないのだ と感じ、改めてすばらしい人だと思いました。長くバレエをやっていますが、私はその世界の1%も知らないと痛感させられます。もっと勉強が必要だなと思います。

2014/01/25

ぱっせ

何年ぶりだろうか、ぶりに再読。文章は読みやすく内容もギュッと入っていて読み応えあり、自己啓発にも向いていると思う(IRAの件にびっくり。国家、王室がからむ劇場だとこんなこともあるのだね)英国ロイヤルと日本の、バレエに対するサポートへの差異をとても強く感じさせる書。日本のバレエ団って今でもカンパニーという言葉には当てはまらない不思議な組織だと思う。彼の踊りを生で見たのはMade In London公演の一度だけだが(マイケル・ナンが松葉杖にレントゲンの写真で舞台に現れた回)プロデュースの力がある方だなと感

2013/07/14

いち

結構面白い

感想・レビューをもっと見る