読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ

ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ

ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ

作家
ヤマザキマリ
出版社
文藝春秋
発売日
2019-01-30
ISBN
9784163909622
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「生きることって結局は楽しいんだよ」
音楽と娘と自分の人生を真摯に愛する規格外な母リョウコの
まるで朝ドラのような人生!
******
「リョウコ」とは、漫画家・ヤマザキマリの今年で86歳になる「規格外」な母親のこと。
昭和35年、リョウコが27歳の時、勝手に仕事を辞め、新設された札幌交響楽団で
音楽をやるため、半ば勘当状態で家を飛び出した。
新天地・北海道で理解者となる男性と出会い結婚するものの早逝され、
シングルマザーとしてふたりの幼い娘を抱えることとなる。

戦後、まだまだ女性が仕事を持つのが難しかった時代。
ヴィオラの演奏家という職業を選び、家族を守るために、大好きな音楽を演奏するために、
リョウコが選んだ道は平坦ではなかった。鼻息粗く自分の選んだ道を邁進し、
ボーダレスな家庭の中で子供を育てあげた破天荒・母リョウコの人生を、娘マリが語る。

見本となるような「いい母親」ではなかったけれど、
音楽と家族を愛し、自分の人生を全うする、ぶれないリョウコから
娘マリが学んだ、人生において大切なこととは?
昭和を駆け抜けたリョウコの波瀾万丈な人生!

「ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ」のおすすめレビュー

この親にしてこの娘あり! ヤマザキマリの「お母さん」は娘以上に破天荒だった!?

『ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ』(文藝春秋)

 母親を苦しめるものは、「母親たるものかくあるべき」という世間からの視線だろう。母親は完璧な子育てをしなくちゃならないもの、という周囲からの視線をものともせず、家族を愛しながらも、同時に自分の人生を全うする女性がいる。その名はリョウコ。『テルマエ・ロマエ』などで知られる漫画家・ヤマザキマリさんの母親だ。

 ヤマザキマリの母親の姿を描いた『ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ』(文藝春秋)は、読めばエネルギーが湧いてくるビタミンエッセイ。ヤマザキマリといえば、17歳で油絵を学びに単身イタリアに渡り、シングルマザーになることを選択した後、35歳で研究者であるイタリア人と結婚。夫の仕事に伴い、アラビア、ヨーロッパ、アメリカ大陸と異文化の壁を越えながら、ワールドワイドに活躍している漫画家だ。波乱万丈な経歴に圧倒されるが、ヤマザキマリの母リョウコさんの人生は彼女以上に波乱に満ちている。

 リョウコは一般的な「いい母親」とはいえないかもしれない。だが、ひとたびこの本に触れれば、ひとりの女性…

2019/3/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

ヤマザキ マリは、新作(但し、漫画以外)中心に読んでいる作家です。以前から気になっていた著者の母親リョウコさんの物語、愉しく読みました。この母にしてヤマザキ マリありという感じです。著者の描く漫画の母親と写真の母親のギャップは、著者の主観のせいでしょうか?

2019/03/20

にゃんた

ヤマザキマリさんのワールドワイドなその生き方にとみに憧れているのだけれど、その彼女を作ったのはこの母リョウコさんがいたからこそだという逸話の数々。ただ圧倒されて最後まで読み続けた。いわゆる普通の母親然とはしていないが、豪快で潔く強く生きる人間としての魅力に溢れたリョウコさんが母であることが只々羨ましかった。学校の先生がリョウコさんにかけた「この社会で活き活きと生きること。たとえいつも一緒にいられなくても、一生懸命に働き満足していること。それを知ってもらうことも素晴らしい母親のあり方。」これですね。

2019/02/18

メルル

著者のお母さんのワイルドな生き様。自分の人生を思うままに生きているように思えるが、家族思いで優しさに溢れているように感じる。好きなことを全力で生きる人は満足感が違う。その満足感が心の余裕を生む気がする。なかなか理解されない生き方だろうが、娘たちに理解されていたという点も大きい。一番の味方が娘たちだなんて幸せだ。

2019/02/27

モルテン

しまった。電子書籍で買ってしまった。紙の本だったら母に貸せたのに──。ヤマザキマリさんの破天荒なお母様に関するエッセイ。ヴィオリストの須田祥子さんといい、ヴィオラ弾きには豪快な方が多いのか。私はヤマザキマリさんの漫画では『ルミとマヤとその周辺』が大好きで大好きで、このエッセイを読み、あの漫画は多くが事実だったんだなということがわかって嬉しかった。

2019/02/12

nonicchi

CREA連載時にいくつかのエピソード(ハルさんとの事など)を読んでおり、書籍化を楽しみにしていました。リョウコさんはいわゆる世間で言うところの「良い母親」ではなかったかもしれませんが、大好きな音楽に邁進し、子供にも自分なりのやり方で精一杯向き合う、カッコいい女性だったと思います。世間的に良いか悪いかのジャッジで子供を叱ったり矯正しようとしなかった子育てが、世界を駆け巡るコスモポリタン、ヤマザキマリを誕生させたのかも?

2019/03/09

感想・レビューをもっと見る