読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

赤毛のアン (文春文庫)

赤毛のアン (文春文庫)

赤毛のアン (文春文庫)

作家
L.M. Montgomery
L・M・モンゴメリ
松本侑子
出版社
文藝春秋
発売日
2019-07-10
ISBN
9784167913243
amazonで購入する Kindle版を購入する

赤毛のアン (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はるき

 想像力って大事です。アニメもしっかり楽しみましたが、やはり自分の思い描いたイメージに勝るものはありません。永遠の憧れです。

2020/04/08

Ryuko

赤毛のアンの新訳。訳注がものすごく充実している。かつては、優しいマシューが好きだったが、新訳で読みなおして、素直に愛情を伝えられないマリラが大好きになった。夢見がちで激情家のアンを心配し、心を砕いているのがよくわかる。名作は何度でも読むべきだと思った。

2020/03/16

アヴォカド

『赤毛のアン』は小学生の頃から、絵本、児童書、文庫といろいろなバージョンで読んできていて、アンと言えば村岡花子訳、とも思ってきた。10代の頃はもちろんアンに肩入れして楽しかったり憤ったりしながら読んで、アンの豊かな想像力や前向きなエネルギーが好きだったけれど、今読むと、マリラの、アンを愛するがゆえの厳しさや、素直にアンへの愛情を表現出来ない感じが、わかるわ〜と思ってしまう。特にアンが進学のため家を出て行く時のマリラの心情は、痛いほどわかる、と思う。大人が読んでも面白い。

2019/08/13

はーちゃん

長かったけど、アンてこんな感じだったよな~て楽しく読めた!大人になっても楽しめる。

2019/10/31

スイ

松本侑子さんの新訳、すごくいい!! 子どもの頃から何度も何度も読み返してきた作品だけど、更に新鮮な喜びを感じられる訳だった。 丁寧な注釈も本当にありがたい…! 長年疑問だった、どうしてここまで赤毛を嫌がるのか、をはじめ丁寧に解説してあり、アンの世界にもっと奥まで踏み込めた気がして嬉しい。

2019/10/06

感想・レビューをもっと見る