読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

牛天神 損料屋喜八郎始末控え (文春文庫 や 29-26)

牛天神 損料屋喜八郎始末控え (文春文庫 や 29-26)

牛天神 損料屋喜八郎始末控え (文春文庫 や 29-26)

作家
山本一力
出版社
文藝春秋
発売日
2020-10-07
ISBN
9784167915728
amazonで購入する Kindle版を購入する

牛天神 損料屋喜八郎始末控え (文春文庫 や 29-26) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たーくん

不況の嵐が吹き荒れる江戸で、同心を辞め、庶民相手に鍋釜や小銭を貸す「損料屋」として暮らす喜八郎。小商人に身をやつしながら、与力の仲間らと共に情報を集め、時に公儀に背く陰謀を暴き出し、時に巨利をむさぼる札差たちと渡り合ってきた。ある時、何者かが地元・深川を一切無視して、大掛かりな作事を進めていることが判明。どうやら巨大な安売り市場が建てられるらしく、このままでは地元の店が打撃を受けてしまう。悪徳商人一味の情報を掴んだ喜八郎は、どう動くのか――。時代小説に新風のデビュー人気シリーズ、待望の第4弾。

2021/09/13

千日紅

★4.5 説明 不況の嵐が吹き荒れる江戸で、同心を辞め、庶民相手に鍋釜や小銭を貸す「損料屋」として暮らす喜八郎。小商人に身をやつしながら、与力の仲間らと共に情報を集め、時に公儀に背く陰謀を暴き出し、時に巨利をむさぼる札差たちと渡り合ってきた。 ある時、何者かが地元・深川を一切無視して、大掛かりな作事を進めていることが判明。どうやら巨大な安売り市場が建てられるらしく、このままでは地元の店が打撃を受けてしまう。 悪徳商人一味の情報を掴んだ喜八郎は、どう動くのか――。

2021/01/20

はまじい

大型小売店の出店を阻止した深川の人々の地元を愛する心意気と人情。喜八郎とすずよが敵対する鬼右衛門の悪企みを武力でなく氷解させる展開はあっ晴れ!!

2021/02/08

TK

早く次が読みたい!

2021/04/15

改造

地元愛かぁ。自分の消費行動をちょった反省。

2021/01/29

感想・レビューをもっと見る