読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

月下のサクラ (文芸書)

月下のサクラ (文芸書)

月下のサクラ (文芸書)

作家
柚月裕子
出版社
徳間書店
発売日
2021-05-14
ISBN
9784198651534
amazonで購入する Kindle版を購入する

月下のサクラ (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

柚月 裕子は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。2年前に読んだ『朽ちないサクラ』に続いてシリーズ2作目です。事件は地味ですが骨太の刑事ドラマ、読み応えがありました。但し、主人公がマヌルネコだとは思いませんでした(笑)😸 シリーズはまだまだ続きそうです。 https://www.tokuma.jp/news/n41224.html

2021/06/29

パトラッシュ

『朽ちないサクラ』で警察内の闇を垣間見て刑事を志した森口泉が、県警本部での巨額現金窃盗事件に挑む。有能だが癖の強い面々に囲まれた泉が一歩ずつ真相に迫るシーンは、苦労しつつ捜査官として成長していく姿が微笑ましい。最後に明らかになる犯人は確かに意外だが、それなりの立場にありながら人として壊れたような動機はらしくない。前作同様に公安警察を私利私欲のためなら殺人をも辞さぬ組織として描くが、こんな粗雑で脳筋なやり方は却ってリアルを失わせるのでは。せっかく面白いドラマなのだから、優秀な頭脳の犯罪者を出してほしかった。

2021/07/23

ウッディ

努力で警察官になり、人並外れた記憶力を認められ捜査支援分析センターに配属された森口泉。着任早々、警察署内の金庫から1億円が盗難されるという事件が起こる。アクは強いが自らの信念を貫く上司の黒瀬が魅力的で、孤狼の血のガミさんを彷彿とさせます。メンバーたちの黒瀬への絶対的な信頼と泉の能力や正義感を認め、徐々に新米の彼女を受け入れていく過程は面白かった。ただ、本部長の息子の関与は唐突感があり、事件自体に面白さが欠けていたようで、残念でした。けれど、一本筋の通った泉や黒瀬のキャラは魅力的で、続編を期待します。

2021/09/30

ノンケ女医長

「警察の不条理」とは、予想以上だった。とてつもない大事件が、ありえない場所で発生した。33歳の女性刑事が、自分と仲間を信じ、身の危険を呈して悪事に立ち向かっていく。努力を重ね、磨き上げてきた感性で、犯意に気づいた警察官。気づかれ、それを隠蔽しようとする警察官。現代的な捜査方法も随所に描かれ、臨場感に満ちている。経験を重ねた上司からの助言や、チームワークの大切さ、そして情報伝達の難しさを改めて思い知った。正義に忠実な主人公の行動に勇気をもらった。警察の倫理って、いったい何だろうと余韻に浸る。

2021/11/01

R

刑事もの。一般人からするとわかりづらい取り締まる側の世界、その闇めいたものに端を発する事件に挑む物語だった。警察、検察、外事、公安、それぞれが縄張りとターゲットを交錯させている中で、組織腐敗とも繋がっている警察庁内での金銭紛失事件が発生し、その調査にあたる新米情報捜査官のお話。冒頭で、尾行にまつわる描写があるんだが、これがかなり面白くてぐいぐい引き付けられた。入り組んだ事件なんだが、解決してみると、それで本当によかったんだろうかと思わされる内容で、すっきりしないんだけども面白い事件でした。

2021/09/29

感想・レビューをもっと見る