読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

半魔 (徳間文庫)

半魔 (徳間文庫)

半魔 (徳間文庫)

作家
黒武洋
出版社
徳間書店
発売日
2008-09-05
ISBN
9784198928506
amazonで購入する

半魔 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

魔魔男爵

サスペンス寄りの作家かと思ったが、これはベタなホラー。魔と戦う五人の霊能力戦士の構成が、女4男1なのはジェンダー的にナイス!戦士に成れないBFを飛行能力を持つ女子高生ヒロインが助けるという篠原千絵の「海の闇月の影」を思わせるシーンもあります。少女漫画ぽい雰囲気はリーダビリティ重視か?親娘姉妹で戦う羽目になるのがハードで好み。男なんて雑魚扱いで女性が活躍する素晴しいジェンダーホラー!

2009/09/19

あも

宮辺みゆきのクロスファイアや恩田陸の劫尽童女を想起させるような超能力少女モノ。主人公の陽子が17歳の誕生日を迎える日、家が燃え母が死んだ。今まで疎ましく思っていた自分の特殊な能力と出生の秘密が明らかになり・・・同じ境遇の理沙、寛美の3人が魔の血によって与えられた超能力で霊的な事件に立ち向かい、また魔の血に飲み込まれないように戦う話。ストーリーの軸がビシッと通っていないため、イマイチ乗り切れないのとキャラクター造形が類型的で有りがちだったのが残念。

2011/01/29

もっち

邪気眼妄想を延々と読まされた気分…キャラクターも物語も驚くほど薄っぺらだった…

2009/01/28

さらひめ

微妙…私には合わなかった

みしゃん

十二国記とかぶる所がある・・・主人公が同じ名前だしね。

2008/09/26

感想・レビューをもっと見る