読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

朽ちないサクラ (徳間文庫)

朽ちないサクラ (徳間文庫)

朽ちないサクラ (徳間文庫)

作家
柚月裕子
出版社
徳間書店
発売日
2018-03-07
ISBN
9784198943233
amazonで購入する Kindle版を購入する

朽ちないサクラ (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

さすがの柚月さん、読みやすさにおいてはピカイチ。ただし今回は、謎解きの部分がわたしには消化不良に終わった…と思ったら、これは謎解きモノではなく、「女性刑事」森口泉の誕生小説らしい。最近ハマっている映画になぞれば「森口泉 ビギンズ」なのだ。そういうことであればファンのひとりとして、柚月さんの挑戦状を受けて立つ所存である。

2019/12/01

starbro

柚月裕子は、新作中心に読んでいる作家です。未読の本書を職場の読友さんから借りて読みました。徳間文庫大賞2019受賞作だけあり、読み応えのある作品でした。 http://www.tokuma.jp/topicsinfo?tid=23116 2020年に続編『月下のサクラ』が出る予定のようなので、期待して待ちたいと思います。

2019/07/09

のり

ストーカー被害の受理を延ばした結果、最悪の事態に…更なる裏事情を新聞にすっぱ抜きされる。警察広報の「泉」が記者の親友に洩らした一言が原因か…情報漏洩で揺れる警察内部。そんな中、親友の記者が殺害され、さらにもう一人遺体で発見される。一連の事件に関する闇は深い。刑事警察と公安の縄張り争い、更にカルト教団との戦い。何を正義とするのか?「泉」が理想とする、警察官としての矜持を、また目にしたい。

2018/10/02

JKD

公安の存在意義、正義とは何か?美しいだけじゃ人を守り切ることはできない。そんな現実の厳しさと醜さがリアルに描かれ、いろいろと考えさせられる警察小説でした。

2018/03/17

Makoto Yamamoto

ストーカー被害届を出そうしたが、警察が3週間受け取らず、結果被害者が殺されてしまい、受け取らなかった期間に警察が慰安旅行に行っていたというスキャンダルから物語が展開。 面白く読み進み、一気読み。 サクラの意味が警察に関係することだと気が付いた時には終章にきていた。 泉の続編が気になる終わり方で、米崎市なら佐方の地元なのでコラボの話が出てくると面白いと勝手に思った。

2020/03/11

感想・レビューをもっと見る