読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アリーズ2~蘇る星座宮~ 8 (プリンセスコミックス)

アリーズ2~蘇る星座宮~ 8 (プリンセスコミックス)

アリーズ2~蘇る星座宮~ 8 (プリンセスコミックス)

作家
冬木るりか
出版社
秋田書店
発売日
2010-11-16
ISBN
9784253196789
amazonで購入する Kindle版を購入する

アリーズ2~蘇る星座宮~ 8 (プリンセスコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒロ@いつも心に太陽を!

9巻読む前に思い出すための再読(´ω`*)

2012/02/26

naka

ハデスの封印ってもしかしてベルセフォネーが死んだら解けるとか、そっち系? 今作、デメテルが謎過ぎる。黒幕関係と一枚噛んでる感があるけど、ヘラの言うようにどうにもどっちつかず。次巻ではそのデメテルが積極的に動いてくれそうなので、彼女の立ち位置とか、おそらく居るであろう第三勢力とかの輪郭がはっきりするんでしょうか?すると良いなあ。

2010/11/28

宮城

えーと、なんだろう。今回ハデスの記憶が戻るのはベルが倒れる…とかいわないよね?いやなんか今回の見ててそんな風に思ってしまった。しかしヘカーテって何千年越しでいつも振られているんだか。

2010/11/19

riko_21

全般的に1の頃よりいい人化しているような……。特にヘラ。あと、ポセイドンとヘカーテって組み合わせはありうるのかなあ……。何かそういう雰囲気が……。ケルベロスは今世では転生してないんだ……。転生とあの世の関係も未だもって謎だしな……(ハデスがいないと死者はどうなるのかとか……)。

2010/11/17

ミレー

ヘラがデメテルにお断りするわって言った時の顔がどうしても・3・って見えてしまう

2014/10/02

感想・レビューをもっと見る